クロム・マグナⅢ 臨海学校

 
最終更新日時:


[▼ index ▼]

クロム・マグナⅢ 臨海学校


 ◆◆◆プロローグ◆◆◆ 

「生徒会に、新しいメンバーを……ですか?」

──クロム・マグナ魔道学園、学園長室。
呼び出された少女……生徒会長リンカは、わずかに目を見張った。

「彼女は転校生なのだが、さっそく生徒会入りを志願してくれていてね」

リンカの前、執務席に着いた学園長ダンケルが、穏やかに微笑む。

「ありがたいことですが……実力はいかがでしょうか」

この鋼鉄の剣と魔法によって支配された世界では、各地で争いが打ち続いている。
ゆえに、クロム・マグナで魔法を学び、戦闘訓練を受けた卒業生は、
いずれ自らの故郷に帰り、戦いに駆り出されることになる。

いわばクロム・マグナは、戦闘のエリートを輩出する学園なのだ。

そんな学園の生徒代表たる生徒会メンバーには、特に優れた能力の持ち主が選ばれる。
実際、今の生徒会は、いずれも優秀な成績を収める面々で構成されている。

「彼女のクラスは決まっていますか?」
「いや。彼女は君より2学年下でね。まだクラス分けがされてないのだ。ただ──」

ダンケルの微笑みが、面白がるようなものに変わる。

「見たところ、すばらしい潜在能力の持ち主だ。まだ開花はしていないがね」

ダンケルは吸血鬼の末裔。秘められた魔力には敏感なのだ。

「では、まずは見習いという形式で、生徒会の作業を手伝ってもらいましょうか」
「ああ。そうしてくれたまえ」
「承知いたしました」
「そうそう。ヴォルフ君は、その後どうかね? 
学園祭で『1年間の私闘禁止』というルールが施行されたわけだが……」
「あ……はい。平穏に日々を過ごせているようです」
「それはよかった。彼は争いを嫌うや優しい若者だからね。
はは、さぞかし女子生徒の人気も高いのではないかな」
「い、いえ……そういったことは、その、私ではちょっと……」

どこか歯切れ悪く、リンカは答えた。

その後、いつくかの連絡事項をやり取りし、リンカは学園長室を退出した。
残されたダンケルは、背もたれに身を預け、天井を見上げる。

(やはり──ヴォルフ君の話題になると、ああいう反応になるか)

凛とした生徒会長らしからぬ姿を思い出し、あごに指を這わせる。

(まだ自分自身、気持ちの整理をつけられていない……というところかな)

若者たちの青春の悩みは、ダンケルにとって微笑ましいものだ。

時に、辛さや苦さを噛みしめることもあるだろうが、
それを乗り越えて強くなってほしい、と切に思う。

(だが……)

残念なことに──彼女たち生徒会の面々に関しては、
『ただ見守る』というわけにはいかない。

(多少、荒療治になるが……平和が続いている今のうちに、
悩みを乗り越えてもらわなければならないのだ)

ダンケルは、机の上に置かれたままの封書に視線を移した。
クロム・マグナ魔道学園 臨海学校へのお誘い』。

その本当の目的は──

「……そうだ」

声に出して、ダンケルはつぶやいた。
口の端に、わずかな笑みが刻まれている。

「生徒会が挑むべき試練……となれば、呼ばねばならぬ友人たちがいたな」

──あの魔法使いと黒猫なら、きっと、
生徒会のメンバーが試練を乗り越える手伝いをしてくれるだろう……

※話の最初に戻る

<登場キャラ>
イツキリンカニコラヴォルフ
シャーリーアーシアアキラジョージ
エミリアリチャードツキカゲトモエ
サロメダンケル

< 臨海学校まであと少し…… >
(※メインストーリーの前日譚です。)

第1話
プロローグ


第2話
みんなで海に行こう!
第3話
白波の打ち寄せるビーチ
第4話
熱き刃の肝試し

第5話
温泉を賭けた戦い


第6話
これが最後の試練だ!
第7話
夏の夜の打ち上げ
< 楽屋裏にて……… >
(※メインストーリーを読んだ後にどうぞ。)

 ◆◆◆エピローグ◆◆◆ 

「……と、いう感じだったのだよ」

──クロム・マグナ魔道学園、学園長室。
呼び出された女教師サロメは、ボロボロに傷ついた状態ながら
満足げな顔で語るダンケルを見つめ、あきれの表情を見せた。

「遠回しに言うけど……、あんた、アホなんじゃないの」
「ははは、そのように見えるのは、生徒に親しみを持ってもらうための作戦だよ」
「親しみを持たれた結果、花火として打ち上げられたのかい」
「彼らが楽しんでくれたのなら、何よりだ。
 異世界の友人たちにも喜んでもらえたようだしね」
「黒猫と魔法使い、ってヤツか。一度、あたしも会ってみたいもんだね。
 魔法の仕組みが違うってところが気になるよ」

サロメが眼鏡を押し上げる。

「で──目的は果たせたのかい」
「ああ」

ダンケルの身から、飄々たる雰囲気が消えた。

「今回の一件で、彼らはまた強くなってくれたよ。
 ノア君の参入によって、生徒会の絆はいっそう固いものとなった。
 彼らの抱くほのかな想いの行く先が今後どうなるかは、私にもわからないが──
 それが原因で生徒会の力が弱まるということは、もはやあるまい」
「そういう小っ恥ずかしいことを言うのに抵抗とかないのかね」

ぼやくように言って、サロメは目を細めた。

「学園長。あんた、やっぱり──例の『謎の魔道士』が、
 あいつらを利用しようとしてるって考えてるね」
「その通りだ」

重々しくうなずくダンケル

「学園が異界に飛ばされたとき─私と彼らだけがあちら側に移動した。
 他にも多くの生徒や教師がいたのに。
 また、彼らが特定の場所に集っていたわけでもないのに、だ。
 彼ら生徒会の面々を『狙い撃ち』したものとしか、考えようがない」
「問題は、なぜそうしたのか、か……」
「そこがわからない。だが、だからと言って、対策を打たないわけにはいかないからね。
 奴を見つけ、拘束することができれば最善なのだが──」

サロメは首を横に振る。

「残念ながら、依然、手がかりゼロさ。すべてのコネを駆使したんだけどね──」
「君の情報網でわからないとなれば、打てる手が限られてくるね……」

瞑目し、しばし考え込んで──やがて、

「やむなし、か……」

つぶやいたダンケルが、スッと薄く目を開いた。

真紅の瞳が、炯々たる光を放つ。
峻厳なる覚悟の色に、サロメは思わず息を呑んだ。

決意を固め、本気になった──ただそれだけで、
豪放で知られる女教師を戦慄させるほどの凄みが、ダンケルの全身から放たれていた。

サロメ君。『管理者』たちに連絡を取ってくれたまえ」
「……!」

雷に撃たれたように、サロメが硬直する。

『管理者』──その名は、この世界の者たちにとって、
きわめて重大な意味を持つものであった。

「学園長──あんた、まさか……!」
「そうだ」

揺るぎない鋼の声音で──
ダンケルは、断固たる宣言を放つ。

クロム・マグナ魔道学園の学園長として──
 彼らに、協力を要請する……!」

※話の最初に戻る
コメント(0)
Twitter

コメント

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる
メニュー  


▼index▼
種族別メニュー (64コメ)
カテゴリ別メニュー (64コメ)
イベント別メニュー (64コメ)


種族別メニュー

種族属性別
戦士 (145/185) / /
術士 (195/217) / /
神族 ( 38 / 61 ) / /
魔族 ( 48 / 68 ) / /
天使 ( 23 / 29 ) / /
亜人 ( 35 / 41 ) / /
龍族 ( 27 / 56 ) / /
妖精 ( 65 / 82 ) / /
物質 ( 13 / 21 ) / /
魔生 ( 4 / 8 ) / /
AbCd ( 10 / 10 ) / /

    • 画像無メニュー
戦士 / 術士 / 神族 / 魔族
天使 / 亜人 / 龍族 / 妖精
物質 / 魔法生物 / AbCd

カテゴリ別メニュー


イベント別メニュー

!New!

クロム・マグナ魔道学園 マジカル・グリコクエスト 天上岬 八百万神秘譚 双翼の物語 超魔道列伝
= 準備中 =
・ジェニファーの大冒険
・えれくとろ☆ぱにっく
・エターナル・クロノス
・神竜降臨
・黄昏の四神書
・古の森の千年桜
・イタズラ女神とうさぎのおはなし
・異空間野球 黒ウィズPRIDE
・異空間サッカー 蒼穹のストライカー
・天界の双子 訣別のクロニクル
・覇眼戦線
・幻魔特区スザク
・勇者しょこたんと導きの猫たち

Wikiあれこれ企画室

Wikiメンバー


左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
種族術士
ガトリン
ティシア
4 サキュナ
5 ネフィリムンド
6 ルドヴィカ
7 ミール
8 熱き刃の肝試し
9 ラパパ
10 種族龍族
最近の更新

2017/05/01 (月) 20:52

2017/04/16 (日) 10:51

2017/03/23 (木) 17:45

2017/01/29 (日) 03:24

2016/12/27 (火) 18:18

2016/10/15 (土) 23:32

2016/08/09 (火) 00:11

2016/07/09 (土) 23:52

2016/07/09 (土) 09:13

2016/07/02 (土) 00:09

2016/07/01 (金) 14:49

2016/06/09 (木) 05:55

2016/06/04 (土) 15:23

2016/05/28 (土) 01:52

2016/05/26 (木) 14:21

2016/05/22 (日) 08:46

2016/05/02 (月) 22:49

2016/05/02 (月) 22:23

2016/04/27 (水) 23:00

新規作成

2016/04/12 (火) 22:53

2016/04/12 (火) 22:52

2016/04/12 (火) 22:51

2016/04/08 (金) 22:48

2016/04/08 (金) 22:47

2016/04/08 (金) 22:45

2016/04/06 (水) 21:23

2016/04/06 (水) 21:21

注目記事
配信日(リリース)はいつ? ドラガリアロスト攻略Wiki
配信日やポプテピピックコラボ情報 バクモン攻略wiki
リセマラ当たりランキング 物語シリーズぷくぷく攻略wiki
リセマラ当たりランキング デスティニーナイツ攻略wiki
リセマラ当たりランキング アークザラッドR攻略wiki
リセマラ当たりランキング サファイア・スフィア攻略wiki
製造レシピと製造時間一覧 ドールズフロントライン(少女前線)攻略Wiki
リセマラ当たりランキング ファンタジーライフオンライン攻略Wikiまとめ【FLO】
3周年福袋のおすすめクラスとキャラ FGO攻略Wiki
恵比留(えびる)高校の最強選手育成論 パワプロアプリ攻略Wikiまとめ
ページ編集 トップへ