閉ざされた夢の復讐

(0コメント)  
最終更新日時:




……いいかしら、魔法使い。訊きたいことがあるんだけど──

”オフ”の日の、穏やかな昼下がり。
リフィルが、突然、君の部屋を訪ねてきた。
いいよ、なんでも聞いて、と笑いかけると、リフィルはわずかにためらいの顔を見せ──
意を決したように、こちらをひたりと見つめ、問うてきた。
……魔道士でいるのって、どんな気分なの? あなたのいた世界では……。
なぜそんなことを聞くのだろう、と思いながらも、君はクエス=アリアスの魔道士について語った。
魔道士ギルドを結成し、日夜、魔法の研究と実践を重ねて、さらなる高みを目指していること。
叡智の扉を開き、精霊からの問いかけに答えるため、精神修養と格物到知に努めていること。
”魔法使いは人々の奉仕者たれ”の精神のもと、人々の依頼を受け、困りごとの解決に勤しんでいること……。
君の語る”クエス=アリアスの魔道士”像を、リフィルは、じっと黙して聞いていた。
やがて、君が語り終えたところで、彼女はひとつ、重々しく吐息し、複雑な表情のまま目を伏せた。
……そう。それがあなたの世界の魔道士の姿なのね。
そんな彼女の姿に、君は思わず、これまでずっと気になっていた疑問をぶつける。
リフィルは──彼女の〈人形〉は、どうして魔法を使えるのか、と。
答えづらい質問かと思ったが、リフィルは、特に嫌がるぞぶりもなく、話し始めた。
私の家──アストルム一門は、古の時代から数多の魔道を修めてきた。
戦うための魔法、身を守る魔法、傷を癒す魔法。呪いの類や、精神に干渉する魔法までも。
でも、人々が魔力を失い、魔道が廃れ尽くした今、一門の人間でさえ、魔法を扱えなくなった……。
その未来を祖先は予知していた。だから死後、己の骸を改造させて〈人形〉型の魔道書とした。
まだ魔法を使えた時代の魔道士……その骸を魔道書にしたから、魔法が使えるわけにゃ。
そうよ。もっとも、魔力の補充はいるけどね。
そこまでして魔法を使わなくても、この世界には便利な機械がたくさんあるにゃ。
魔道は一門のすべてだったのよ。捨て去ることなどできない。
けれど、もはや魔道再興は叶わない……だからせめて魔法があるという事実を残そうとした。
〈人形〉を操り魔法を使い続けることで、魔法の存在を”保存”し続ける。それが、一門の務め……。
ならば、リフィルも──
リフィルとは”代替物(リフィル)”……。”器を再び満たすもの”……。
私は、〈人形〉に魔法を使わせる部品に過ぎない。ずっと、そういうものとして生きてきた。
だから──私には、自分自身の夢がない。自ら望んだ、夢なんてものは……。
別に、それで構わないのだと思っていた。
でもあなたを、本物の魔道士を見ていると──
なんの夢も持たずに生きることに……人としてなんの意味があるんだろう、って──
瞳に深い苦悩の色を乗せ、リフィルは静かに頭を振った。


私、どうして……今さら、こんな話……本当に今まで、気にもならなかったことなのに……。



快活なざわめきに満ちた雑踏が、目の前に広がっている。
いつもなら気に留めないような、当たり前の風景。
今はそれが、別のもののように見える。うかつに踏み込むことをためらわせる、うねり狂える荒波のように──
ホントに……見たんだな? コピシュ。その……お母さん。
うん……まちがいなかった……と、思うんですけど……。
いや……疑うわけじゃねえんだが。


……いるかな。あいつ。こんな都市に……。



(……何を考えてるんだ? え? 〈徹剣(エッジワース)〉よお……)





(探して……どうするんだ? また、いっしょに、なんて……できるのか? そんなこと──)






私……もう耐えられないの……夫が、いつ死んで帰ってくるかもわからないなんて……!


剣は、人を斬る武器だ。それを手にして戦う以上、剣士にとって、死は覚悟すべき宿命なんだ。


あの子まで剣を教えて……っ! あなたは、あの子まで……あの子まで、剣しか知らない怪物にする気なの!?


こんな時代だ。身を守れた方がいいじゃないか。コピシュだって、あんな楽しそうに、剣を……。


もう、耐えられない……耐えられないのよ……。


わからない。本当にわからないんだ。教えてくれ。何がいけなかったんだ。何がそんなに君を……。

(剣以外で……初めてできた大切なもの……。それを守る……それが俺の夢だった……)
(だが消えた。だから〈メアレス〉になったんだ。なのに……どうして、俺は……今さら……)
! お父さん……あそこ!
……!
息を呑む。我知らず。そうすることしかできなかった。
小さな指の示す先──雑踏の奥から、何気ない風情で現れる、ひとりの女性。
立ち尽くすこちらの姿に気づいて──彼女もまた、その眼を驚きに見開いていた。


コピシュ──あなた……。

おまえ……どうして──ここに……。

ゼラード……。私……。
私……もう一度、あなたと──


──!! お父さん! そいつ、違うッ!!

灼熱。腹に。炎のような熱と衝撃が。爆ぜる。
ゼラードは、ただ茫然と見つめている。
妻の手を。紅に染まった、その指先を。
〈ロスト……メア〉……。
まさか──おまえ──俺の──捨てた──
お父さんッ!!
瞬間。
ゼラードはカッと眼を見開き、喉も裂けよと叫びを上げた。

ファルシオン! スティレットッ!

ア──アイアイッ!
条件反射。コピシュが即応。飛来する曲刀と短剣。受け取る。一閃。妻の姿をした者へ。容赦なく。


ハハハハハハハハハッ!

異形の顕現。異形の哄笑。苛烈の刃をするりと逃れ、にたりと口を歪ませる。
コピシュっ……! 誰でもいいっ! 〈メアレス〉どもを、呼んでこいッ!!
でも──お父さん!!
いいからッ! 行けェッ!
父の咆哮。娘は、震えながらうなずいた。
わ、わかりました……無茶しちゃだめですよ! ぜったいですよ! お父さん!!
急いで走り去るコピシュに、敵の目が向く。
それをさえぎるべく、ゼラードは立ちふさがる。
恨んでんのは、俺の方だろ……ええ? お望みどおり、相手をしてやるよ……。
手にした剣が、異様なまでに重く、冷たい。
湧き上がる不安、恐怖、絶望、後悔──
そのすべてを噛み殺し。
ゼラードは、吼えた。


俺には剣しかねえ──だがな──




剣なら負けねえっ!!



リフィルさん! 魔法使いさんっ!!
コピシュ? いったい──
お父さんを──


お父さんを……助けてぇっ……!!




はあッ!!


剣を振る。これまでどおりに。培ったすべてを出し切っていく。

斬りつける。〈夢〉の絶叫。痛ましさが胸を衝く。夢を潰す痛みに身体が震える──押し殺す。

敵の反撃。異形の刃。短剣の鍔元で受け止め、曲刀で斬り返す。翻る剣光を敵の牙が噛み止めた。

刃を折られる。いつもなら代わりを頼むところ。今はない。ただ独り。それでいい。守らねば。

撃ち合うたびに、心が冴える。意識という意識が揺るぎなく研ぎ澄まされてゆく──剣のごとくに。

色すらも抜け落ちたような静寂。無我なる地平。ただ剣を振るい敵と戦うためだけの極地へと──

到る。踏み込む。娘の名すら、今は忘れた。そうでなければ守れない。剣に。剣にならねば。




わ──私は──


前進。一閃。連なる刃。見切り、受け止め、断ち割り、前へ。


私は──おまえの夢だぞ! おまえが、かつて! 真に夢見た未来なのだぞ!!なのに──!!


前進。一閃。交わる刃。いなし、受け切り、刺し貫き、前へ。




結局は、剣か! 剣に頼るか! 夢すら持てない剣のままか!!

ならば──剣に死ねぇッ!!



牙が来る。無数。そんなわけがない。よく見ろ。せいぜい22。ならば凌げる。凌げ。剣で!


おぉぉぉおおおおおおぁあああああああッ!!




斬る裂く叩く断つ割る破る流す折る壊す貫く潰す、打つ薙ぐ刻む突く蹴る弾く躱す削ぐ崩す擲つ砕く。



凌いだ果てに、なお前へ。





至近距離。妻の顔をした怪物が驚愕に震える。



これまでの人生においてまったく最高の、どんな敵をも切り伏せうる一刀を、

前へ──

ゼラードッ!!
戦場に辿り着いた君たちは、見た。
恐怖の表情を顔に張りつけて凍りついた、女性型の〈ロストメア〉と──
その前に倒れ伏した、ひとりの男を。
動かない。ぴくりとも、その手に剣を握ったまま。力という力を使い果たしたかのように。
リフィルの瞳が、それを映して──


──貴様ぁっ!!

激昂の叫びが、宙を割った。



駆けつけた〈メアレス〉たちの攻撃が、〈ロストメア〉に殺到する。

だが──不意に〈ロストメア〉の全身が霧散し、攻撃のすべてが宙を裂くに終わった。



散じた〈ロストメア〉の身体は、再び集合──もとの姿を取り戻す。

こいつ……霧になる!?
ふ──はは──ははははははは!
そうだ! 私にはこれがあったじゃないか!! あの人に授かった力!剣など、恐れる必要もなかったのだ!!
〈徹剣(エッジワース)〉がやられるわけだ……! リフィル、魔法使い! 魔法を頼めるか!
言われるまでも──
……う!?
糸を繰ろうとしたリフィルの動きが、一瞬止まる。そこへ〈ロストメア〉の猛然たる体当たりが来た。
ぅあっ……!
リフィルッ!
リフィルは軽々と吹き飛ばされ、石畳の上を激しく転がった。
ぐったりと、力なく倒れ伏す少女の瞳には、しかし、絶えざる熱火が烔々と輝いている。

なめるな……!!



血を吐くような叫びに、背後の人形が応えた。滑らかに印を結び、即座に術を成す。

打たれながら練り上げていた魔法。君の足元に膨大な魔力を秘めた魔法陣が描かれる。


潰せぇっ! 魔法使いっ!!

少女の声と、魔法陣から流れ込んでくる魔力と。ふたつの後押しを背に受けて。
君は、最大の魔法を解き放った。
〈ロストメア〉の消滅を確認し、倒れたゼラードの方を振り向くと、アフリトの姿があった。


アフリトさん……! お父さんは──

だいじょうぶだ。息はある!

なんだと? その傷でか……!?
〈黄昏(サンセット)〉、癒しの術は使えるか!
……ええ!
アフリトが手早くゼラードに止血を施すなか、君とリフィルは回復の魔法をかけ続けた。
お父さん……お父さん……!
応急処置はした。病院へはわしが運ぼう。
わ、わたしも行きます! 行かせてください!
アフリトがゼラードを担ぎ上げる。そのさまを見ながら、ラギトが頭を振った。
……霧に変じる〈ロストメア〉とはな。〈徹剣(エッジワース)〉は運がなかった……。
……違う。
コピシュから聞いたわ。ゼラードは不意打ちで深手を負ったと──
馬鹿な。彼ほどの剣士なら、不意を打たれたところで、むざむざやられるはず──
夢を持つものは、〈ロストメア〉とは戦えない。
リフィルの言葉に、その場の誰もが息を呑んだ。
兆候はあった。気づくのが遅れた。彼は……夢をもたらす”毒”に蝕まれていた。
そういえば、前の戦いでも突然動きが……。
言いかけ、ミリィはハッとリフィルを見やった。
少女は、きつく拳を握っている。
……”毒”って言ったわね。リフィル。それってまさか、単に夢を見たんじゃなく──


そう。何者かによって、流し込まれたということよ。彼も……そして、私も。

精神への干渉……この術は……!!

少女の唇から、煮えたぎるような怒りの声がこぼれた。そのとき──
都市が、揺れた。


コメント(0)
Twitter

コメント

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 閉じる
 このWikiに関するツイート
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

タグ

タグ一覧>
サイト内ランキング
1 トップページ
2 ガイエン
3 ファム
4 アネモネ
5 カトレア
6 ルドヴィカ
7 テオドール
8 エイラ
9 マレーナ
10 ルナリィ

サイトメニュー



▼index▼
種族別メニュー (64コメ)
カテゴリ別メニュー (64コメ)
イベント別メニュー (64コメ)


種族別メニュー

種族属性別
戦士 (145/185) / /
術士 (195/217) / /
神族 ( 38 / 61 ) / /
魔族 ( 48 / 68 ) / /
天使 ( 23 / 29 ) / /
亜人 ( 35 / 41 ) / /
龍族 ( 27 / 56 ) / /
妖精 ( 65 / 82 ) / /
物質 ( 13 / 21 ) / /
魔生 ( 4 / 8 ) / /
AbCd ( 10 / 10 ) / /

    • 画像無メニュー
戦士 / 術士 / 神族 / 魔族
天使 / 亜人 / 龍族 / 妖精
物質 / 魔法生物 / AbCd

カテゴリ別メニュー


イベント別メニュー

!New!

クロム・マグナ魔道学園 マジカル・グリコクエスト 天上岬 八百万神秘譚 双翼の物語 超魔道列伝
= 準備中 =
・ジェニファーの大冒険
・えれくとろ☆ぱにっく
・エターナル・クロノス
・神竜降臨
・黄昏の四神書
・古の森の千年桜
・イタズラ女神とうさぎのおはなし
・異空間野球 黒ウィズPRIDE
・異空間サッカー 蒼穹のストライカー
・天界の双子 訣別のクロニクル
・覇眼戦線
・幻魔特区スザク
・勇者しょこたんと導きの猫たち

Wikiあれこれ企画室

Wikiメンバー


TOPへ
コメント 0
MENUへ
loading...
白猫プロジェクト起動ゲーム起動