チェルシー

 
最終更新日時:
2759
(S)逃避少女 チェルシー
ASヒジュラ
SS空援の杖
登場時期:2014/10/08 3000万DL記念クエスト 報酬 

火属性ver

276051895190
(SS)煌めく炎剣 チェルシー・ネリム(L)煌炎の世界へ チェルシー・ネリム(L)深炎は刃を超え チェルシー・ネリム
ASソリッド・フレイザ・ヘヴンリィ・フレイダークネス・ライト
SS赫灼の皇舞灼火の神舞踏闇躍の撃炎
登場時期:2014/10/08 3000万DL記念クエスト 報酬 2015/12/14 L化 

水属性ver

276151915192
(SS)舞降りし姫君 チェルシー・ネリム(L)姫は空より輝く チェルシー・ネリム(L)夜星は姫を包む チェルシー・ネリム
ASルナティック・ブレストワイライト・ラバールナティック・アフェクション
SS流星からの波動届く波間の流星群此れは深海への導き
登場時期:2014/10/08 3000万DL記念クエスト 報酬 2015/12/14 L化 

雷属性ver

276251935194
(SS)弧光の斧杖 チェルシー・ネリム(L)輝光に導く雷杖 チェルシー・ネリム(L)深闇に届く雷斧 チェルシー・ネリム
ASクラウン・グロウンクラウン・ワンダー・ストーリーブラック・アンダー・ワールド
SS降り注ぐ光弾永遠へと続く光の焔暗い世界への閃光
登場時期:2014/10/08 3000万DL記念クエスト 報酬 2015/12/14 L化 

クリスマスver

316631675188
(S)想い贈る姫君 チェルシー(SS)聖夜の天空姫 チェルシー・ネリム(L)聖なる夜の祝福 チェルシー・ネリム
ASバーニング・ラブブレイジング・グレイスハピネス・スノウライト
SS温かな寵愛素晴らしき恩寵素敵な夜に祈りを捧げ
登場時期:2014/12/24 ステキな聖夜の贈り物 初回クリア報酬 2015/12/14 L化 

共通情報

名前チェルシー・ネリムCV諏訪 彩花種族術士
登場-
世界-
所属とある異界のお姫様
特徴ワード年頃の女の子
関連キャラ-
セリフ1「アタシ、帰らないから!」
セリフ2「いろいろと、その……ありがとう。」
セリフ3「あのー、これって"気持ち"を贈れますか?」
補足情報とある異界よりやってきた家出少女なお姫様。
高貴な家柄にふさわしく、と父親からうるさく言われた為、家出してきた。
家出の理由としてはよくある話だが、家出の仕方が少々過激。

パーソナルストーリー


舞い降りた異界の姫君

──街中は色鮮やかに飾り付けられ、いつにない賑わいをみせていた。
修行は明日でもできるけど、お祭りは今日だけにゃ!
──ウィズは打ち上げ花火に急かされるように君の袖を引く。
ほら、バロンが帰ってくる前に急ぐにゃ!
──いよいよ外出というとき、バロンがつむじ風のように飛び込んできた。
うげっ……。
良かった間に合ったみたいだな。
──バロンは息を切らせながら話し出す。
実は先ほど、とあるお偉方から急ぎの依頼が入ったんだが、頼めるだろうか?
本来は私がやるべき仕事なのだが……。
ギルドマスターとして、式典で祝辞を述べなくてはならなくてな。
──そう言って気まずげに頭を掻くバロンは、ウィズと君の視線に気づき姿勢を正した。
まあ内容はたいして難しくはない。家出した娘を送り届けてくれという簡単なものだ。
──そう言ってバロンは、尋ね人の人相書きを君に渡す。
チェルシー・ネリム? 可愛い子にゃ。
申し訳ないが、祭りは依頼を終わらせてから楽しんでくれ。それでは、後は頼んだぞ。
──バロンは、言いたいことだけを伝えると、風のように去っていった。
今日はついてないにゃ! こうなったらさっさと終わらせるにゃ!
──ウィズの毛は、怒りに逆立っていた。


──街中は多くの見物人でごった返している。
この町のどこに、こんな人がいたんだにゃ?
──これじゃあ人捜しも楽じゃないと君は言う。
にゃにゃ!?
──ウィズが何かを見つけたようだ。
あれは! 例の女の子じゃないかにゃ?
──君はウィズを肩に乗せたまま、少女に近づき肩を叩いた。
──すると少女は、こちらが驚くほどに、ビクリと飛び跳ねた。


!?

──もしかして、チェルシー? と君は尋ねる。
ちっ、もう見つかっちゃったか……。
──どうやら、自分が捜されていることは知っているようだ。
──であれば話は早い。
誰が捕まるもんか!
──チェルシーは君の手を振り切って、全力で逃げ去っていく。
あ、待つにゃ!
──チェルシーの姿は、人ごみに紛れすぐに見えなくなった。
追いかけるにゃ!
──ウィズの言葉に君が足を踏み出そうとしたとき……。
──少女が走り去った方角から悲鳴が聞こえてきた。
急ぐにゃ!
──君は人ごみを掻き分けて進んでいく。
──するとそこには、魔物の群れに襲われるチェルシーの姿があった。

(戦闘終了後)

ありがとう!
──彼女の口から感謝の言葉が聞けるものと思っていた。
…………。
──しかし現実は、ふてくされた少女が無言でこちらを睨みつけているだけだ。
もう、生意気な子にゃ! まあ、女の子ならそういう時期もあるものだけどにゃ。
──したり顔のウィズを見て、そういえばウィズも女の子だったんだなと改めて思い返す。
君が空からやってきた姫君だってことは解ったにゃ。
でも、どうして父親と喧嘩なんてしたにゃ?
…………。
──チェルシーは、猫が問いかけても全く動じずに黙っている。
だって……。
だってうるさいんだもん。
え? なにがうるさいのにゃ?
高貴な家柄に生まれたんだから、もっとちゃんとしろって……。
家柄、家柄って……だから頭にきて、代々伝わる3つの家宝を窓から投げ捨ててやったの!
そしたらすごく怒るんだもん! それで喧嘩になって、家出してやったわけ!
や、やることが過激にゃ……。
──彼女の家に伝わる宝とは、炎の剣、半月刃の杖、王冠の杖の3つだという。
この子を連れて帰るだけじゃ、親子の関係は修復できそうにないにゃ。
3つの宝も一緒に探し出さないとにゃ!
──ウィズの興味がお祭りから人助けに移ったことに、君はほっと胸をなでおろした。

※話の最初に戻る
天空へ舞い戻る光

これで3つのお宝が揃ったにゃ!
──そう言った後、ウィズは君の耳元で鼻息交じりに呟いた。
この子を送り届けて、早くお祭りに参加するにゃ!


アタシ、帰らないから!

──ある程度は予想していた答えだった。
どうしてだにゃ?
お宝も無事だし、お父さんだってきっと許してくれるにゃ。
どうせアタシより、こんな物が戻ってくる方を喜ぶに決まってる!
──その時、晴れ晴れとした表情のバロンが現れた。
──きっと、祝辞が上手く言えたに違いない。
おや? 依頼は無事に済んだようだな?
──バロンはチェルシーの顔を覗きこんで満足気に頷いた。
さっき依頼人から連絡があってな。一つ言い忘れたことがあるらしい。
言い忘れたこと?
この子と一緒に無くなった、3つの宝物も一緒に探してくれ、ということだ。
やっぱり!! あの人はアタシよりこっちの方が大事なんだ!
──そう叫ぶと、チェルシーは持っていた杖をかざしたかと思うと、呪文を唱えだした。
フォスプ、レトエ、ヤウローフ!
──突然、旋風が巻き起こり、3つの宝物を巻き上げ、森の方角へと吹き飛ばしてしまった。
にゃにゃにゃー!?
……これで、お祭り見物はダメになったにゃ。
──肩に乗ったウィズの体が、急に岩のように重く感じられた。


にゃー!!! つ、ついに見つけたにゃ!
──宝物を見つけたウィズは、興奮して震えている。
──爪が肩に食い込んで痛い。
こ、これで、お祭りに繰り出せるにゃ!
──もう夜も遅い。お祭りがとうに終わっているとは、とても言い出せそうにない。
──そんな君の悩みも知らずに、ウィズが何かを見つけて叫んだ。
あ、あれはひょっとして!?
──宝物を守るように、魔物の群れが君たちを威嚇している。
どうやら、あれを倒すしかないみたいにゃ!
──君に反対する理由は無い。
行くにゃ! お祭りのために!!
──ウィズの掛け声に促され、君はカードを手に構えた。

(戦闘終了後)

──再び3つの宝物が揃った。
──チェルシーは厳しい顔で、それらをじっと見つめる。
──ウィズは君の肩からさっと飛び降りると、宝物の前に走り出た。
もう一回吹き飛ばすのはナシにゃ!
──その言葉が聞こえていないのか、チェルシーは肩を震わせながら杖を振り上げた。
フォスプ、……レトエ、…………。
──彼女の怒りは凄まじく、呪文を最後まで言い終わらぬうちに、風がざわめき出す。
おーい! ちょっと待ってくれー!
──遠くから聞こえてきたバリトンボイスに、君たちは顔を向ける。
──たてがみをなびかせながら、バロンが走ってくるのが見えた。
──バロンは中腰の姿勢でゼイゼイと息を切らしながら、絞りだすように言った。
今しがた、お父上の使いが見えられてな。お父上からの言伝を預かっている。
──ひとしきり呼吸を整えてから、バロンはチルシーを見つめて言った。
『家宝は無くしても構わない。だから、今すぐ帰ってきてほしい』……。
君が家を飛び出してから、一睡もできず、食事も喉を通らないそうだ。
!!
──しばらく微動だにしなかったチェルシーは、突然その場に泣き崩れた。
──そんな彼女を君とバロンが優しくなだめる。
さあ、早く帰ってお父上を安心させてあげなさい。
──その言葉にチェルシーはすっくと立ち上がると、少し照れたように言った。
……アタシ、もう帰るよ。いろいろと、その……ありがとう。
──君が頷き返すと、チェルシーは嬉しそうに笑い……
──3つの宝と共に、光の柱となって天空の彼方に消えた。
依頼も片付いたし、いよいよお祭りに繰り出すにゃ!
──君の肩に乗ってはしゃぐウィズを横目に、君たちは帰路についた。
──……
──この後、ふてくされたウィズが3日ほど姿を消したのは、また別のお話……。

※話の最初に戻る

ステキな聖夜の贈り物

──聖夜のこの日、君とウィズはギルドの依頼で街を巡回していた。
──綺麗な装飾で彩られた街はどこも買い物を楽しむ人々で賑わっている。
こんな日に仕事の依頼を受けたのは間違いだったにゃ。
──聞こえてくる明るい曲や人々の笑い顔が、いっそう切ない思いに駆り立てる。
今日はみんな大切な人へのプレゼントを買うのに大忙しにゃ。
こっちもショッピングでもして気分転換しないとやってられないにゃ。
──買ってあげようか?
そういうんじゃないにゃ。
私は今年一年、頑張ってきた自分へのご褒美を買いたいにゃ。
──それもわからないことはないけど……。
──すっきりしない君がふと見ると、ウィズはすでに別のことに気を取られていた。
にゃにゃ! あれは!?
──ウィズの視線の先には、見覚えのある女の子の姿があった。
あれはチェルシーじゃないかにゃ?
またお父さんと喧嘩でもしたのかにゃ?
──君とウィズは声を掛けようと雑踏へと歩み出す……。
──が、チェルシーの姿は、人の波の中へとスッと消えてしまう。
にゃ、見失ったにゃ!
──君はウィズを肩に乗せ、急いでチェルシーの後を追いかける。


──チェルシーを見失った君とウィズは、食料品や生活雑貨で溢れる市場へとやって来た。
──そこで、物珍しそうに雑貨に見入っている彼女を見つけた。
やっと見つけたにゃ!
──君とウィズはチェルシーの元へ歩み寄り、声を掛ける。
久しぶりにゃ!
──声に驚いたチェルシーは、君とウィズの姿を見て戸惑いの表情を見せる。
今日はどうしたにゃ? イブは人が多いから一人でいると危ないにゃ。
ところで、何を見てるにゃ?
──するとチェルシーは何も答えず突然逃げ出してしまう。
ちょっとどうしたにゃ! またお父さんと喧嘩でもしたのかにゃ?
──君はチェルシーを追うウィズの後に続いて走りだす。
きゃーー!!
──すると、チェルシーの逃げ去った方角から彼女の叫び声が聞こえてきた。
あれは!? 何かあったみたいにゃ!
──声のした場所へ駆けつけると、そこには魔物に囲まれているチェルシーの姿があった!
だから一人は危ないって言ったにゃ!
──チェルシーを救うべく、君は魔物の前へと飛び出す。

(戦闘終了後)

──君は立ちすくんでいるチェルシーに手を差し伸べる。
大丈夫かにゃ?
──するとチェルシーは、はにかみながらも頭を下げた。
ありがとう……。
──どうしてここにいるの? 君はチェルシーに尋ねる。
今日は聖夜でしょ? こっちの世界には"大切な人に贈り物をする風習がある"って聞いたから。
そうにゃ。みんなこうして買い物を楽しんでるにゃ。
チェルシーも誰かに贈り物をするのかにゃ?
──その問いに彼女は少し照れた表情を浮かべ言った。
アタシも……その、プレゼントを贈ろうと思って……。
もしかして、贈る相手はお父さんにゃ?
──チェルシーはコクリと頷いた。
お父さんにプレゼントを探すため、来たってことにゃ?
ここに来れば、いいプレゼントが見つかると思ったから。
そうだったのかにゃ。
──でも逃げなくたっていいのにと君は言う。
だってそんなとこ知り合いに見られたら恥ずかしいし……。
それで……相談なんだけど……聞いてもらえる?
──体をモジモジさせながらチェルシーが聞いてくる。
なんでも聞いていいにゃ。協力するにゃ。
アタシ、お父さんにどんなプレゼントをしたらいいか、わからなくて……。
そういうことなら、『贈り物の達人』と言われている私に任せるにゃ!
──そんな呼ばれ方したことあったっけ? 君は小首を傾げながらウィズを見る。
それじゃあ一緒に探してくれるの!?
もちろん、お安いご用にゃ!
やったー!
──チェルシーはウィズを抱きしめ、頬ずりして喜ぶ。
──そして君たちは、人々で賑わう聖夜の街へと繰り出していく。

※話の最初に戻る
ワンダフル☆ナイト

──市場にチェルシーの贈り物選びを手伝う君とウィズの姿がある。
プレゼントを探すのってけっこう大変なのね。
よく気付いたにゃ! そうやって何を贈るかあれこれ考えることがプレゼントの醍醐味にゃ。
プレゼントっていうのは"モノ"を贈ることじゃなく"気持ち"を贈るってことなのにゃ!
なるほど~……じゃあ、あと一週見て回ってこようか!
にゃ! まだ探しに行くにゃ?
これだけいろいろな物があると、何を買ったらいいのか分からなくなっちゃうのよね……。
気持ち、かあ……気持ちを贈るってどういうことだろう?
その答えは自分で見つけるしかないにゃ。
もちろん知ってるわよそんなこと……だからこれから探しにいくんじゃない。
もう、置いてくからね!
──プンと顔を背け歩いて行ってしまうチェルシー。
やっぱり意地っ張りなところは、なーんにも変わってないにゃ。
──君はウィズと共にチェルシーを見失わないよう後を追う。


──最初に訪れた市場で、チェルシーはプレゼント探しに夢中になっている。
──その姿を眺めているウィズは、店員に聞こえないよう君に呟く。
結局、なぜか最初に入った店で買うことになるにゃ。
──その言葉に君は、あるあると頷く。


これなんてどうかな?

──可愛らしい手袋とお揃いのマフラーを身に着けた彼女が店の中から聞いてくる。
──似合ってると頷く君。


じゃあこっちは?

──次々と着替えてポーズをとる様子は、さながらファッションショーのようである。
あの子が似合うのを選んでどうするにゃ? あれを着るのはお父さんにゃ。
あのー、これって"気持ち"を贈れますか?
──風変りな質問をする彼女に、店員は一瞬何のことか解らないという素振りを見せる。
気持ちを贈れるかって聞いてるの?
──店員は愛想笑いを浮かべ相槌を打つ。
じゃ、こっちは?
──またしてもそうだと答える店員。
あっちのお店にも何かありそうね。
──チェルシーは怪しい雰囲気を醸し出している薄暗い店へと入っていく。
キャー!!
また、何かに巻き込まれたみたいにゃ!
──君はチェルシーを助けるため、悲鳴の聞こえた方へ走り出す。

(戦闘終了後)

そんなにウロチョロされたら、体がいくつあっても足りないにゃ。
ごめんなさい……。
それよりお父さんへのプレゼントはちゃんと買えたのかにゃ?
あ、忘れてた! やっぱりさっきのお店のものが良かったかな。
──チェルシーは最初に入った店へと戻っていく。
店員さん、さっきのものをください! 見せてもらったもの全部!
──思わぬ一言に店員は飛び上がって喜ぶ。
これ全部贈るのかにゃ?!
気持ちを贈るのは一つじゃなきゃダメかな?
うーん、そんなこともないにゃ。
だよね! 気持ちは多い方がいいもんね?
中には自分へのプレゼントも入ってるけど……。
ちゃっかりしてるにゃ。
──店の奥から、店員が綺麗にラッピングされたプレゼントの山を抱えてやってくる。
わ、カワイイ~♪。
──チェルシーはラッピングが気に入ったのか、感嘆の声を上げる。
──君たちが抱えきれないほどのプレゼントを手に店を出ると聞き覚えのある声が聞こえてきた。


おーい!

仕事中に申し訳ない。急ぎの依頼が入ってな。
ふにゃ~。
──ウィズが悲しげな鳴き声を上げる。
いつか家出をしてきた姫がいたのを覚えていると思うが……。
その子の父親から連絡が入ってな。
──チェルシーがビクリと体を揺らしたのを君は見逃さなかった。
娘がいなくなったので、またそちらに行っていないかと尋ねてきたんだ。
で、前回はお前が無事見つけたので適任だと思ってな……。
──そう言ったバロンは、目の前にその姫がいることに気付き、目を丸くする。
き、君は!
──チェルシーは思わず目を伏せてしまう。
よし、発見! すぐ家に帰るように!
……はーい。
任務完了!
──バロンは韋駄天のごとく去っていく。
にゃははは! 依頼完了の最短記録更新にゃ!
あはは。じゃあ、アタシもう帰るね。
早く帰って、お父さんを安心させてあげるにゃ。
そうだね。それに早く帰らないと、夜が明けちゃうし。
それもそうだにゃ。
今日はいろいろと付き合ってくれて、ありがと。
また、遊びにきてもいいかな?
もちろんにゃ! けど、次はちゃんとお父さんに一言言ってからくるにゃ。
──ウィズの言葉に嬉しそうに笑ったチェルシーの周囲を眩い光が包み込む。
──そして光は一本の筋となり、チェルシーの体を空の彼方へと運び去った。
行っちゃったにゃ。
──あのプレゼントをチェルシーの父親は気に入ってくれるだろうか?
──君はそんな気掛かりを口にする。
プレゼントなんて、実のところなんだってよかったにゃ。
──君にはウィズの言葉が理解できずにキョトンとしてしまう。
あの子がお父さん思いに育ってくれたことが、お父さんにとっては一番のプレゼントにゃ。
さてと、私たちもそろそろ帰るにゃ!
──ウィズの言葉に頷くと、君はウィズの後を追って歩き出す。
──ウィズへのプレゼントはいつ渡そうかと考えながら……。

※話の最初に戻る
コメント(0)
Twitter

コメント

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる
メニュー  


▼index▼
種族別メニュー (64コメ)
カテゴリ別メニュー (64コメ)
イベント別メニュー (64コメ)


種族別メニュー

種族属性別
戦士 (145/185) / /
術士 (195/217) / /
神族 ( 38 / 61 ) / /
魔族 ( 48 / 68 ) / /
天使 ( 23 / 29 ) / /
亜人 ( 35 / 41 ) / /
龍族 ( 27 / 56 ) / /
妖精 ( 65 / 82 ) / /
物質 ( 13 / 21 ) / /
魔生 ( 4 / 8 ) / /
AbCd ( 10 / 10 ) / /

    • 画像無メニュー
戦士 / 術士 / 神族 / 魔族
天使 / 亜人 / 龍族 / 妖精
物質 / 魔法生物 / AbCd

カテゴリ別メニュー


イベント別メニュー

!New!

クロム・マグナ魔道学園 マジカル・グリコクエスト 天上岬 八百万神秘譚 双翼の物語 超魔道列伝
= 準備中 =
・ジェニファーの大冒険
・えれくとろ☆ぱにっく
・エターナル・クロノス
・神竜降臨
・黄昏の四神書
・古の森の千年桜
・イタズラ女神とうさぎのおはなし
・異空間野球 黒ウィズPRIDE
・異空間サッカー 蒼穹のストライカー
・天界の双子 訣別のクロニクル
・覇眼戦線
・幻魔特区スザク
・勇者しょこたんと導きの猫たち

Wikiあれこれ企画室

Wikiメンバー


左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
トップページ
リナリア
アカリ
4 ディートリヒ
5 アルル
6 約束の地
7 ソフィ
8 ハヅキ
9 ルシエラ
10 アキラ
最近の更新

2017/05/01 (月) 20:52

2017/04/16 (日) 10:51

2017/03/23 (木) 17:45

2017/01/29 (日) 03:24

2016/12/27 (火) 18:18

2016/10/15 (土) 23:32

2016/08/09 (火) 00:11

2016/07/09 (土) 23:52

2016/07/09 (土) 09:13

2016/07/02 (土) 00:09

2016/07/01 (金) 14:49

2016/06/09 (木) 05:55

2016/06/04 (土) 15:23

2016/05/28 (土) 01:52

2016/05/26 (木) 14:21

2016/05/22 (日) 08:46

2016/05/02 (月) 22:49

2016/05/02 (月) 22:23

2016/04/27 (水) 23:00

新規作成

2016/04/12 (火) 22:53

2016/04/12 (火) 22:52

2016/04/12 (火) 22:51

2016/04/08 (金) 22:48

2016/04/08 (金) 22:47

2016/04/08 (金) 22:45

2016/04/06 (水) 21:23

2016/04/06 (水) 21:21

注目記事
【スマブラSP】キャラ解放条件一覧 スマブラSP攻略Wiki【大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル】
【ダイマジ】リセマラ当たりランキング【フェアリーテイル】 【ダイマジ】フェアリーテイル ダイスマジック攻略wiki
【グリアド】リセマラ方法&当たりキャラランキング ハンターハンター グリードアドベンチャー攻略まとめWiki
【ブロスタ】最強キャラランキング ブロスタ攻略wiki
【エースコンバット7】初心者おすすめ攻略方法 エースコンバット7攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 0