イザヴェリ

(6コメント)  
最終更新日時:
173817391740
(A)戦地に潜む影 イザヴェリ(A+)屍を喰らう者 イザヴェリ(S)狂喜の使役者 イザヴェリ
ASアサルトフォームアサルトフォームレイドフォーム
SS灼炎フレイ劫火ボルケーノ劫火ボルケーノ
174117423989
(S+)滅びの遠吠え イザヴェリ(SS)死界の守護者 イザヴェリ・ヘイズ(L)死喰の黒滅者 イザヴェリ・ヘイズ
ASレイドフォームデッドリィフォームカオティックフォーム
SS滅炎インフェルノ滅炎インフェルノ滅魂焔ディストピア
登場時期:2014/04/14 ウィズセレクションガチャ 2015/04/30 L化 

ヴィヴィ&イザヴェリ

44374438
(SS)灼火の愉悦 ヴィヴィ&イザヴェリ(L)死界の焔 ヴィヴィ&イザヴェリ
AS冷たく奔る心の灼炎享楽と愉悦の世界
SS冥き滅炎のナイトメア邪魂の冷血のインフェルノ
登場時期:2015/07/31 3500万DL記念 限定ガチャ

3周年記念ver

576157625763
(SS)嗜虐の主 イザヴェリ(SS+)永久の愉悦 イザヴェリ(L)死界を縊る灼炎 イザヴェリ・ヘイズ
AS〈邪魂〉絶炎の幻〈死焔〉喰らう双牙〈死焔〉喰らう双牙
SSウィキッド・スケルツォウィキッド・スケルツォスクリーミング・ノクターン
登場時期:2016/02/29 3周年記念 限定ガチャ

共通情報

名前イザヴェリ・ヘイズCV森 千晃種族魔族
登場-
世界死界
所属死喰
特徴ワード魂と享楽を求める者
関連キャラヴィヴィハクア
セリフ1「また……これだけの命が来たのね」
セリフ2「全くつまらない日々だわ。食べることは楽しいけれど、でもそれだけ。」
セリフ3「命なんてみんな等しく軽いものでしょ。
 食べてみてわかったけれど、重さは感じなかったわ。」
補足情報人も神も関係なく、すべての死者の魂を喰らい、転生させる。
魂を喰らう事以外、特に楽しみの無い死界の生活に飽き飽きしている。

パーソナルストーリー


バックストーリー

──おぞましい数の魂が、この地におり、また消えていく。

闇に覆われたこの世界で、2人の友と住まう少女の名はイザヴェリ。
幾年もの時を共に生き、数えきれない死を喰らいながら、彼女と2匹は生きてきた。

神、天使、悪魔、魔獣、人……
彼女たちにとって、あらゆる種族は等しく平等、全ては同じ、喰らうもの。

「また……これだけの命が来たのね」

あどけなく、無邪気に微笑むその顔に、獲物を求める「死喰」の眼光が微かに光る。
その日もまた、イザヴェリの「遊び」が始まろうとしている。


①告死者の少女

「告死者」は、その名の通り死を告げるものだ。
ある異形の男は、自らの仕事を全うすべく、ひとりの少女の元へと向かった。
何人にも平等に訪れる「死」という概念を告げるだけのこと。
それは単純ではあったが、死を受け入れられない者も多く、面倒事に発展することもままあった。
泣き叫ぶ者、逃げ惑う者、暴れだす者……男は、多くの醜い者を見てきた。
男は飽いていた。死期の近い者が見せる本性に。
だが──。
──ありがとう。
この日は、男にとって"何かが"違った。
眼前で、男を見上げる少女は、あろうことか"ありがとう"と言ったのだ。
男の手を強く握り、離すまいとしている。
男は、ほんの一時だが言葉を失った。
少女は目に涙を浮かべたまま、微笑んだ。
わたしを……殺してくれるんでしょう?
嬉しい。ずっと待っていたの。わたしを……わたしを殺してくれる人を。
死を渇望する者は、少なくない。
しかし、この少女は男に"ありがとう"と言ったのだ。
だから──男は、彼女に死を告げるのをやめた。
死に救いを求める者に、"それ"を言い渡すことはない。
……少女は死ねなかった。
…………。
少女の手を振り払い、背を向け、歩き出す告死者の男。
死ぬことができなかった少女は、ただ呆然と立ち尽くしていたが──。
やがて告死者の後を追うように、ゆっくりと歩き出した。
死界への、暗い道のりを──。


……ここはどこ?
あたりに揺らぐ魂の数々を見ながら、ヴィヴィ・ナイトメアは呟く。
「ここは死界だ」とヴィヴィに目を向けることなく、告死者は言った。
「死界」は死を扱う場所だ。
人も神も、悪魔でさえも、死ねば等しくここに送られてくる。
そして、死期が近い者に死を告げるのが「告死者」である。
私は……死ねるの?
ここで、あなたが私を殺してくれるの?
告死者の男は立ち止まり、「お前は死ねない」と口にした。
「お前は今日から告死者として、ここで生きていかなければならない」
生きていることで得られるものなんて、もうないのに?
告死者……そんなこと、私はできない。
それに……あの世界に用なんてない。
「生命の意味を、死の重みを……お前は知らなければならない」
「お前に告死の力を渡した今、私はもうこのまま朽ち果てるだけの身」
「もし仮に……子の死界に不安を覚えるのなら、イザヴェリ様を頼るといい」
それだけを言い、告死者の男は姿を消した。
ヴィヴィはひとり、"馴染まない"世界に取り残されてしまった。
死界には、大小様々な国が存在しているが、それぞれの仲間意識は低い。
弱者は淘汰される。
それはつまり、可憐な少女が立つにはあまりにも厳しい世界ということで……。
なに、あれ……。
見るからに異形の──それは人型ではあったが──何かだった。
一歩、また一歩と……ヴィヴィに近づいてくる。明確な敵意を持って。
弱き者を喰らうのは、死界の常だ。
そしてヴィヴィの眼前に立った"ソレ"は手にした得物を大きく振り上げた。

(戦闘終了後)

弱き者を喰らうのは、死界の常だ。
そう──"だからヴィヴィは、向かってきたソレを喰らった"
……今日も、死ねなかったな。
虚ろな瞳で、彼女は空を見上げる。
血のように──轟々と滾るような真っ赤な色だ。
私を、赤く燃えるような炎で包み込んで、殺してくれる人はいないかな。
……でもダメ。そんな人、どこにもいない。
告死者を名乗る男は、彼女に力を授け消えてしまった。
死界に蠢く魂と、異形の者たちが儚げな少女を狙う。
だが、そんなものではダメだ。
あの子たちじゃ、私を優しく殺してはくれない。
心も体も──あんなものどのに預けられるわけがない。
だからヴィヴィ・ナイトメアは歩き出した。
告死者となった今、過去の自分を振り返ることなく、進まなければならない。
……私を殺してくれる人が来てくれないなら、自分の足で見つけないと。
ヴィヴィ・ナイトメアは知らない。
告死者は、告死者であるかぎり、絶対に死ぬことができないということを。
姉さんのいない世界に戻ったってしょうがない……だから、私はここで……。
イザヴェリ──その人を探さないと……。
今日、告死者となったヴィヴィは、背後に積み上げられた異形の山を見ることなく歩く。
たったひとつ、告死者の男から受け取った「イザヴェリ」という手がかりを握って──。
不死であり、不老の世界に身を沈めていった。
※話の最初に戻る
②ディストピアの少女

〈死喰〉のイザヴェリ・ヘイズは飽いていた。
日々の平穏な暮らしに、心底飽き飽きしていた。
死界の住人は、やれアイツを叩き潰しただの、やれ国を滅ぼしただの……。
そんな退屈な話を、楽しげに語るのだ。
……今日は暇ね。
この子たちの散歩も終わったし、お仕事も終わったし……そうなると何一つやることがないわ。
たとえばだけれど……。
私の楽しみのね、〈食べる〉ことができなくなったとしたら……。
私はどうすればいいわけ? 食べるものがないなんて、そんなの耐えられないでしょ?
そんな話をするために私を呼んだのですか。全く度し難い。
ハクア・デスサイスは眉一つ動かすことなく、イザヴェリに目を向ける。
道楽とか享楽とか、そういうことの話。ハクア、あなた人生楽しんでないでしょ?
ハクアは、静かに目を伏せる。答える必要はない、という意思表示らしい。
イザヴェリとハクアは、長い付き合いだ。
死を喰らう者と、命を狩る者……以前から顔を合わせることが多かった。
この死界には、人も神も関係なく、すべての死者の魂が送られてくる。
〈死喰〉とは、そんな死んだ者の魂を喰らうことを意味していた。
そして死界において〈死喰〉と呼んだ場合──それはイザヴェリ・ヘイズを指す。
全くつまらない日々だわ。食べることは楽しいけれど、でもそれだけ。
…………。
ハクアは答えない。
冥界からの来訪者は、言葉数も少なく、話を聞いているのか聞いていないのか……。
しかし、イザヴェリにとっては、それが心地よくあった。
ほらあなたがしてくれた話。死霊術師の子。あの子に会いたいわ。
魔道の禁忌に触れ、堕ちた哀れな子──イザヴェリは、特にそういう話を好んだ。
仕事はまたお願いするわ。あなたなら時間をかけず命を刈り取ってくれるもの。
あなたは命を軽んじるきらいがある。
命なんてみんな等しく軽いものでしょ。食べてみてわかったけれど、重さは感じなかったわ。
イザヴェリは楽しげに笑って、ハクアの指摘をかわす。
ハクアは、やはり表情を変えず身を翻した。
ふふ、すぐそこまでだし、送るわ。


イザヴェリは、友人であり最愛の家族でもある2匹の犬を連れ、ハクアのすぐ後ろを歩く。
死者の魂を喰らい、転生を促す存在である〈死喰〉は、この犬と暮らしている。
そういえば──。
…………。
あの──なんていったかしら、暴れていた子、いたでしょう?
……覚えていませんね。いたかもしれませんが。
こっちに来られても困るから、始末をお願いしたはずだけれど……気のせいだったかしら。
イザヴェリとハクアがつながりを持つのは、必然だ。
死界に来られたところで転生させられない者は多い。
悪行の限りを尽くした者、世界に仇なす者、それらの命は、全て冥界に縛りつける──。
〈咎人の断罪者〉ハクア・デスサイスによって、悪人は断罪される。
それじゃあ、またいつでもいらっしゃい。
──ひとつだけ、伝え忘れていました。
珍しいわね。なにかしら。
少女がひとり、死界の入り口に転がっているのを見ました。あれの処理はあなたの仕事でしょう。
空気の重みとともに、じわりと漆黒の穴が開く。
女の子の魂なんて、胸が躍るわ。とってもと~っても大好きよ。
あなたも趣味が悪い。
その一言だけを残し、ハクアは穴の中へと消えていく。
イザヴェリは振り返って、歩き出した。
無数の魂が揺らぎ、イザヴェリの姿に怯える魔物もいる。
ああ……! 本当に胸が躍るわ!
道を塞ぐように震えていた魔物に目を向け、イザヴェリは大きく腕を振り上げる!
邪魔よ! 私の楽しみを邪魔しないで!

(戦闘終了後)

イザヴェリの姿を見て竦んだ者どもを、振り払って進む。
うふふ、見つけたわ──ってなにこれ。まだ"生きている"子じゃない。
……生きている者は食べられないわ。
イザヴェリは落胆の色を露わにする。
彼女は死者の魂を食べるのであって、生者を殺してまで何かをしようということはない。
ほら、お前たちも帰るわよ。
喰えると思っていたのに、それができなかったことで、彼らは滾りを抑えきれない。
喉を鳴らし、一直線に向かっていきそうなほど──。
帰るわよ。
一際低い声音で、イザヴェリが言う。
2匹の犬は、しおらしく頭を垂れた。
襲われて息絶えれば、そのうち食べられるようになるでしょ。
そう口にした後、少し離れたところにいた少女が、こちらに近づいてきたのが見えた。
あなた──もしかして普通の人間?
少女は頷く。
愛想のない子ね。まるでハクアみたい。
まあ、いいわ。どこから迷い込んだかは知らないけれど、こんなところにいたら死ぬわよ。
少女はかぶりを振り、来た道を指さした。
……アレ、あなたがやったの?
少女は再び首を縦に振った。
その道には、魔物が間隔をあけず倒れている。
少女と侮った馬鹿どもを、片っ端から吹っ飛ばしたのだろう。
そう。無駄に死者を増やして、あなたいったい何がしたいのかしら。
別に同族意識はないけれど、あまり好き勝手やるようなら私があなたを食べちゃうわよ。
ふふ、なんて言ってみたけれど、私にそんな趣味は──。
突然、イザヴェリは少女に腕を掴まれた。
私を──殺してくれるの?
…………。
はた、とイザヴェリは言葉を止める。
そして初めて、少女の目をしっかりと見据えた。
あなた、名前は?
……ヴィヴィ
少女はゆっくりと微笑み、そう言った。
……ヴィヴィ・ナイトメア。それが私の名前。
※話の最初に戻る
③永遠を知るふたり

死界には死界のルールがあり、告死者には告死者のするべきことがある。
そういったことをイザヴェリが話したのは、今からどれくらい前のことだったろう。
それは、昨日のことだったかもしれないし、百年ほど前のことかもしれない。
イザヴェリにとってもヴィヴィにとっても、過ごした時間など些末事にすぎなかった。
ふふっ、この子たち可愛い。
可愛くないわよ! 骨じゃないそれ! どこで拾ってきたのよ!
死界によくいる骨だけの動物。ただし、それらは害のあるものではない。
イザヴェリの犬だって骨でしょ?
あのね……この子たちは──。
だがイザヴェリは最後まで言うのをやめた。
あれ以来、ヴィヴィはイザヴェリのもとに居着いてしまった。
この子たちは何を食べるのかな。
さあ。知らないわね、そんなこと。
イザヴェリにとって、ヴィヴィは困った相手だ。
だが──それも何年も続けば、慣れてくる。
あなたは、ひどく冷たい。
ヴィヴィはいつかのように柔らかく笑って、そう呟いた。
そんなことはないわ。
ただ興味がないだけとは言わなかった。それもあまり重要なことではなかったからだ。
そろそろ帰ろう、イザヴェリ。
〈死喰〉の役目を果たすため、外に出ていたことを、今更ながらに思い出すイザヴェリ。
広い死界を飛び回るのは面倒だ。
しかし、やはりというべきか、死者の魂を喰らうのは、何ものにもかえがたい楽しみであった。
この子たちも連れていかなきゃいけないし。
……ゴミを増やしてどうするのよ、ゴミを。
行くわよ、そう口にしてイザヴェリは、振り返らず歩き出す。


ヴィヴィは姉のいない世界を捨て、死に満ちた世界の住人になった。
ヴィヴィにとって、イザヴェリは恩人だ。
おかげで死界にも馴染んだし、告死者として生きていくことができた。
だけどイザヴェリは、私を救ってはくれなかった。
……イザヴェリ。
ヴィヴィが、とん、と足を踏み出し、イザヴェリの前に出た。
振り返ってイザヴェリを見上げ、柔らかな手を握った。
あなたになら──私は殺されてもいいと思ってるの。
馬鹿ね。私は"食べる"こと以外、興味ないのよ。
あなたの優しげな声と、綺麗な瞳──。
私をあたたかく、そして強く抱きしめたまま、ゆっくりと苦しませてほしい。
私の心をとてもとても熱くしてくれるあなたに、いつか私は──。
だが、イザヴェリは答えない。
命というものを軽んじている、というさる友人の言葉。
今なら、少しだけ理解できる──とイザヴェリは思った。
あなたのことは愛しているわ。
……うん。
それだけ言うと、イザヴェリは魔物を見つけ、2匹の犬を放した。
ほら、いってきなさい、お前たち。
あの子たちも可愛い。
あなた、骨なら何でもいいんじゃないの?
イザヴェリの犬は、魔物がいる場所へと駆けていく。

(戦闘終了後)

これでもあなた、可愛いと言える?
イザヴェリは、息絶えた魔物を指さして問うた。
人も、魔物も、死ぬ間際が儚くて一番綺麗だと思う。
じゃあこれは可愛くないわね。もうゴミだもの。
…………。
ヴィヴィは、微笑んだまま返答をしなかった。
……殺してほしいなんて言っていたくせに。死んだら美しくないってことじゃない。
どうせ告死者でいる以上は、何をしても死ぬことなんてできないけれど。
イザヴェリはそんなことを思う。
ヴィヴィも、それに気づいていることだろう。
告死者である以上は、生は無限に続く。
私は、告死者をやめることはできない。
告死者でなくなったものは、ひとり体が朽ちるのを待つだけ。
ヴィヴィは、しかしそれに怯えているわけではない。
そうやって自分の命を捨てたら、"イザヴェリに抱きしめてもらえない"。
イザヴェリは、反対に彼女に手をかけることはない。
あなたのことを愛してはいるし、美しさにはとても惚れているけれど……。
あなたを楽にはさせてあげないわ。"だってそれってつまらないもの"。
だから少なくとも──。
彼女と彼女の死界暮らしは、永遠に続くのだろう。
※話の最初に戻る

 ①〈死喰〉の焔
 ②見つからない温泉
 ③長い旅路の果て
コメント(6)
Twitter

コメント

  • KAGA No.89811168 2015/10/26 (月) 20:52 通報
    クロムマグナⅤより前のイベントはこのサイトを作る想定が全くなかったため、
    動画による保存しかなかったため、画質がどうしても悪くなってしまいます。
    いい話なだけにほんとーに申し訳ないですが、ご了承ください。
    返信数 (5)
    0
    • × 桑名銀天 No.94365484 2016/03/11 (金) 17:01 通報
      高画質なスクショがあるので提供します
      0
    • × 桑名銀天 No.94365561 2016/03/11 (金) 17:02 通報
      その2
      0
    • × 桑名銀天 No.94365638 2016/03/11 (金) 17:04 通報
      その3
      0
    • × KAGA No.94386392 2016/03/11 (金) 21:50 通報
      桑名さんありがとうございます。
      ヴィヴィの顔差分は3周年ストーリーからも調達できそうなので、
      画像差し替えができそうな感じです。
      イザヴェリの顔差分もちょっと探してみて部品揃ったら差し替えしようかと思います。
      0
      • × 桑名銀天 No.94620606 2016/03/15 (火) 04:36 通報
        考えてみればそらそうだ(´・ω・`)3周年があったやん
        0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる
メニュー  


▼index▼
種族別メニュー (64コメ)
カテゴリ別メニュー (64コメ)
イベント別メニュー (64コメ)


種族別メニュー

種族属性別
戦士 (145/185) / /
術士 (195/217) / /
神族 ( 38 / 61 ) / /
魔族 ( 48 / 68 ) / /
天使 ( 23 / 29 ) / /
亜人 ( 35 / 41 ) / /
龍族 ( 27 / 56 ) / /
妖精 ( 65 / 82 ) / /
物質 ( 13 / 21 ) / /
魔生 ( 4 / 8 ) / /
AbCd ( 10 / 10 ) / /

    • 画像無メニュー
戦士 / 術士 / 神族 / 魔族
天使 / 亜人 / 龍族 / 妖精
物質 / 魔法生物 / AbCd

カテゴリ別メニュー


イベント別メニュー

!New!

クロム・マグナ魔道学園 マジカル・グリコクエスト 天上岬 八百万神秘譚 双翼の物語 超魔道列伝
= 準備中 =
・ジェニファーの大冒険
・えれくとろ☆ぱにっく
・エターナル・クロノス
・神竜降臨
・黄昏の四神書
・古の森の千年桜
・イタズラ女神とうさぎのおはなし
・異空間野球 黒ウィズPRIDE
・異空間サッカー 蒼穹のストライカー
・天界の双子 訣別のクロニクル
・覇眼戦線
・幻魔特区スザク
・勇者しょこたんと導きの猫たち

Wikiあれこれ企画室

Wikiメンバー


左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
ディートリヒ
トップページ
ハクア
4 ナレーシャ
5 マイア
6 リース
7 wiki管理人のぐだぐだ日記
8 ガトリン
9 オロチ
10 アリエッタ
最近の更新

2017/05/01 (月) 20:52

2017/04/16 (日) 10:51

2017/03/23 (木) 17:45

2017/01/29 (日) 03:24

2016/12/27 (火) 18:18

2016/10/15 (土) 23:32

2016/08/09 (火) 00:11

2016/07/09 (土) 23:52

2016/07/09 (土) 09:13

2016/07/02 (土) 00:09

2016/07/01 (金) 14:49

2016/06/09 (木) 05:55

2016/06/04 (土) 15:23

2016/05/28 (土) 01:52

2016/05/26 (木) 14:21

2016/05/22 (日) 08:46

2016/05/02 (月) 22:49

2016/05/02 (月) 22:23

2016/04/27 (水) 23:00

新規作成

2016/04/12 (火) 22:53

2016/04/12 (火) 22:52

2016/04/12 (火) 22:51

2016/04/08 (金) 22:48

2016/04/08 (金) 22:47

2016/04/08 (金) 22:45

2016/04/06 (水) 21:23

2016/04/06 (水) 21:21

注目記事
【スマブラSP】キャラ解放条件一覧 スマブラSP攻略Wiki【大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル】
リセマラ当たりランキング ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)攻略wiki
【夢間集】リセマラのおすすめ終了基準 夢間集攻略Wiki
リセマラ方法&当たりキャラランキング ハンターハンター グリードアドベンチャー攻略まとめWiki
【パワプロ】マントル辺境高校攻略情報 パワプロアプリ攻略Wiki
ページ編集 トップへ
コメント 6