リルム

 
最終更新日時:
204120422043
(A)ぞんざい少女 リルム(A+)がむしゃら少女 リルム(S)しゃにむに魔道少女 リルム
ASリルム式ぞんざい複合魔法リルム的しゃにむに混合魔法リルム的しゃにむに混合魔法
SSブットバッシャーブットバッシャーサヨナライザー
204420454422
(S+)直感魔道少女 リルム(SS)超ラジカル魔道少女 リルム・ロロット(L)超ビッグ魔道少女 リルム・ロロット
ASリルム系ラジカル融合魔法リルム系ラジカル融合魔法リルム式ロロット砲
SSサヨナライザーグレートザッパーキングガンバラナイザー
登場時期:2014/05/31 ウィズセレクションガチャ 2015/07/31 L化 

ハロウィンver

27634736
(SS)デビル魔道少女 リルム・ロロット(L)超デビル魔道少女 リルム・ロロット
ASリルム系マジカルプディング(辛)リルム式マジカルパンプキンパイ
SSチャランポライザーデビルオスマッシャー
登場時期:2014/10/15 ハロウィン期間限定ガチャ 2015/10/07 L化 

ソフィ&リルム

44394440
(SS)やんちゃ過ぎる ソフィ&リルム(L)私たち、超無敵の ソフィ&リルム
AS止まらない二人のマジカル止まれない二人の超マジカル
SS合体!グレートザッパー超合体!真・グレートザッパー
登場時期:2015/07/31 3500万DL記念 限定ガチャ 

アルティメットver

469246934694
(SS)ロロット家の爆弾娘 リルム(SS+)ロロット家のマジカル突撃娘 リルム(L)超革命魔道ガール リルム・ロロット
ASリルム系でたらめ合体魔法リルム式はちゃめちゃ結合魔法リルム式はちゃめちゃ結合魔法
SSチャランポライザー・怪チャランポライザー・怪みんな一緒にチャランポライザー
登場時期:2015/09/30 超魔道列伝☆限定ガチャ 

共通情報

名前リルム・ロロットCV大和田 仁美種族術士
登場超魔道列伝☆アルティメットガールズ
世界魔道を追及し、魔道を極める異界
所属-
特徴ワードTHE・グレート雑把
関連キャラ超魔道列伝☆アルティメットガールズ
セリフ1「あっれ? なんだろこの杖。超スゴそう!」
セリフ2「どうしよう、とりあえず、この杖を――『投げる』?」
セリフ3「あ、そっか。ごめんごめん。」
補足情報ロロット家の掟である魔道百人組手の達成の為、各地を旅しながら魔道修行中。

パーソナルストーリー


バックストーリー


「あっれ? なんだろこの杖。超スゴそう!」
『フ――ようやく我が封印の解かれる時が来たか……』
「父さんのかな? ま、いいや。持っていっちゃえ!」
『因果なものだ。我を封じた男の娘が我を持ち出す禁忌を侵すか……』
「困ってたんだよね。お金なくって、いい杖が買えなくってさぁ」
『我は《魔杖エターナル・ロア》。神秘なる叡智と偉大なる力を授けるもの。
 我が力を受け入れさえすれば、貴様は世界を支配することもたやすく――』
「さーて、どっちに進もっかな。あ、そうだ。杖が倒れた方角にしよう!」
『待て。ちょっと待て小娘! 我の話を聞いていたか?
 そんなことをせずとも、世界も運命も貴様の思うがままに――』
「あ、向こうで女の人が襲われてる! 助けなきゃ!
 どうしよう、とりあえず、この杖を――『投げる』?」
『どんな理屈を経てそんな結論に至ったッ!?
 とにかく待て! 我を投げるな!』
「行っけー! グレェェ――トザッパァァァ――ッ!!」
『投げるなと言っているだろうに!!』

※話の最初に戻る

バックストーリー(ハロウィン)

我だ。〈魔杖エターナル・ロア〉だ。
我はいまもあの小娘と旅を続けている。

あいかわらず話を聞かないので、最近では語りかけるのもやめた。
いまだに杖は投げるものだと思っているのだけは、なんとかしたいのだが……

ある時、我と小娘はハロウィンを祝う王都にやってきた。
数百年ほど前のハロウィンは、魔法使いや魔女たちがつつましく行っていたものだが、
いまでは都をあげて大々的に行われるようになったらしい。
時代の移ろいは激しいということか。

なかでもまったく趣向が変わってしまったのが〈トリック・オア・トリート〉だ。

かつては子どもたちが家の前にやってきて、「トリック・オア・トリート」と唱え、菓子などをもらうだけだったはずだが、
いまでは年に一度に魔道、魔術を志す者が一対一の魔道対決を行う行事となってしまったようだ。

我はそのことを憂えているわけではない。むしろ心がおどりすらした。
なぜなら、あの小娘が何の因果か、〈トリック・オア・トリート〉に参加することになったのだ。
そして、対戦相手の少女ソフィ・ハーネットと出会うことができたからだ。

彼女を見たとき、我に電撃が走った。

なぜ我の持ち主は彼女ではないのか。
何もかもがウチの小娘より上ではないか。

悔しい。
悲しい。
彼女と小娘を見比べた瞬間、我は我が身の業の深さを呪った。

しかし、諦めるのは早い。

この〈トリック・オア・トリート〉では対決する者同士が、何か一つ大事なものを賭けて、勝負に挑むのだ。
勝負に勝てばそれを得て、負ければ奪われる。
魔道を志す者にとって大切なものといえば、もちろん魔道具だ。
つまり我だ。杖だ。

「何か一個大事なモノか。うーんと何がいいかなあ。
 さっき買ったパンプキンパイとか?」

なぜそうなる。

キャンディー、ショコラ、ドーナツ……他にはなんだろうなあ」

我、我。
我がおるぞ。
右手におるぞ。

「お菓子ならソフィもいっぱい持ってるから賭けにならないよ」

さすがソフィ
申せ申せ、もっと申せ。
我が欲しいともっと申せ。

「えーと、むずかしいなあ」

杖ッ! 杖ッ! 杖ッ! 小娘、杖と言え!

「この杖とか?」

我、感涙!

ソフィ、杖使わないよ」

我、轟沈。

「あ、そっか。ごめんごめん。」

というわけで、ソフィが買えなかったという、
かぼちゃオバケのぬいぐるみで手を打ち、この勝負は始まった。

結果? 
そんなものを言う必要があるだろうか。

我はまだ小娘と旅をしている。それだけだ。

※話の最初に戻る

①飛べ!エターナル・ロア

我だ。〈魔杖エターナル・ロア〉だ。我を使う者は絶大な力を得る代償として……
我に精神と身体を奪われる……はずである。
ほい!
あうっ……!
あ、右だ
杖が右むいたから右に行こ。ソフィちゃんもそれでいいよね?
ソフィはいいけど、リルムちゃんは大丈夫なの?
魔道百人組手のこと? 大丈夫、大丈夫!
魔道百人組手。簡単に言えば百人の名のある魔道士と試合をすることである。
小娘は家の掟として、そんな厳しい旅を課せられているのだ。
なるほど若い身の上で、ずいぶん立派ではないか。……と思うかもしれない。
組手の事は明日考えるから、今日は早く街にたどり着いて、おいしいもの食べようよ。
ところがこの小娘の主な行動は、買い食いをする、得体の知れない可愛いものを買う。
ふざける、寝る、物を壊す、我を投げる、などとおおよそ魔道とは無関係なことばかり。
いかんではないか。
親不孝ではないか。アホなのか。バカなのか。魔道士としてダメではないか。
……と思うかもしれない。我も思う。
いいなー、ソフィちゃんは飛べて。私もソフィちゃんみたいに飛びたいなー。
でもホウキじゃないからなー。杖じゃなー。
小娘! 口を慎めよ。我を誰だと思っている。〈魔杖エターナル・ロア〉だぞ!
ソフィ、ホウキ以外でも飛べるよ。
マジ? じゃあ、意外と杖でも飛べちゃうかも?
バカモン! 飛べるか! 乗るな! 降りろ!
ムムム……。
あれ? 我、浮いてる? もしかして我飛べる? やだ、我……飛んじゃう!
すごい! すごい! その調子だよ、リルムちゃん。
だが、この小娘……でたらめではあるが、才能はあるのだ。
いっけーー! グレェェートザッパァァーー!
ぬああぁぁぁーー。
はやー……。あ、リルムちゃん! 止まり方知ってるのぉ!?
うわああああーー! 止まらなーい!
ぬうぅぅー! こ、小娘! 何とかしろ!
リルムちゃ-ん! えーと……と、とりあえずがんばってー!
あ! やば……! 人ッ! ど、どいてー!
うわぁ……。超……何か突っ込んでくる。
我、死ぬと思った。杖だけど死ぬと思っていた。ところが……。
ええーい!
その魔道士の周囲に炎が立ち上ったかと思うと、一瞬にして彼女は魔力の軌道を捻じ曲げた。
気づけば、我と小娘はその魔道士の前にいた。
けほッ! けほッ! な、なにが起こったの?
だ、大丈夫、リルムちゃん。それに、あなたも……。
私は平気。そっちの子はどうかな? ちょっと荒っぽいことしちゃったけど……。
だーいじょうぶ! 超無事!
そっか。よかった。私はレナ。これも何かの縁だね。よろしく。
レナっ! レナ・イラプション! ちょ、ちょっとリルムちゃん!
どうやらソフィはこの魔道士に心当たりがあるようだ。
我のいる世界では全ての者が魔道を志し、魔道を極めんとする。
魔道こそがこの世界の理である。有名な魔道士なら、その名はすぐに知れ渡る。
リルムちゃん、あの人、すっごい有名だよ。
マジ?
うんうん。爆炎のレナ。みんな知ってるよ。
や、やべー。いま私そんな人とぶつかりかけたの? もしかして怒られる?
あ……。怒られるかも……!
いや、いま、よろしくと言っていたぞ。
に、逃げちゃう?
逃げよう!
だから、よろしくと言っていたぞ。
何をコソコソ話しているの?
す、すいませんでしたー!
でしたー!
あ、ちょ、ちょっと……。行っちゃった。
リルム……。何か聞き覚えがあるなあ。それにあの杖……。喋ってた?

※話の最初に戻る
②リルムの決断

レナとかいう魔道士から慌てて逃げ出した後、ソフィと小娘は近くにある学園都市に宿を取った。
小娘の目的は修行と魔道百人組手の達成のはずだが、街が祭りの最中だと見て取るや……。
よし。遊ぶぞ!
とまあ、この調子である。
と思ったけど、お金が足りないや……。どうしよ。
ソフィが、少しだけ貸してあげようか?
大丈夫、大丈夫! 今日、父さんからの仕送りが届くはずだから。
それに友達からは借りたくないよ。
そっか。それならいいんだけど。じゃ、ソフィ、ちょっと用事があるから行くね。
うん。行ってらっしゃーい。
ところがこの直後に受け取った手紙で小娘は絶望に叩き落とされてしまう。
し、仕送りが……。と、止められた。
あれだけ遊びほうけていれば当然だ。
やばい……。お祭りが終わっちゃうよ。
もっと他に考えることがあるだろう。
そうだ……。杖を売ろう! そうすればお金が手に入る。
そうそう。そうやって路銀を稼ぐことをまず第一に考えるのが──
わ、我を売る!?
それがいい。父さんの杖だし、きっと高いものに違いない。
バカモノ! 我は魔杖だぞ! いろいろ厄介なんだぞ! 売っていいわけがあるか!
よし! 磨こう!
なにきれいに磨き始めている! 包むな! 丁寧に包むな!
よおし、完璧!
と、言うわけで。
我が尋常ならざる魔力を得て、意思を持つようになってから幾星霜。
名だたる魔道士たちを邪悪な力により、傀儡とし、世界を恐怖の底に落とした挙句……。
我は質屋に売られるらしい。
小娘、考え直せ。我を売ったところで高く買ってもらえんぞ。
我、ちょっと癖が強いからな。道具としては使い勝手が悪いのだ。
すいませーん! この杖買ってくださーい!
杖の話を聞け!
店先にホウキと一緒に並んでいる我……。憐れ。
ロ、ロアちゃん! どうしてこんなところに!
ソフィ……。我を手に取るのだ。そして我を……買い戻してくれ。
う、うん。良いけど。いまちょっと用事があるからそれを終わらせてくるね。
簡単な魔物退治だからすぐ終わるよ!

(戦闘終了後)

そうです。このおっきい杖をください。あ、包まなくていいです。そのまま使いますから。
運良くソフィに買い戻された我は、彼女と二人きりで川辺に並んで座り、そのいきさつを話した。
なるほど、そういうわけなんだ。
今回ばかりは我も我慢の限界だ。あの小娘の元にはもう戻らん。
でも、ロアちゃん。リルムちゃんはそんなに悪い子じゃないよ。それは知ってるでしょ?
……たしかに根は悪いヤツではない。それは知っている。だが……。
正直者で、正義感だって強いし、すごく前向きだし。
でも、どうしようもなくアホだ。
うん。
そもそも小娘は我の声に耳を貸さん。
聞こえているのか、聞こえていないのか。あんなヤツは始めてだ。
聞こえてるよ。リルムちゃん、ロアちゃんの声、聞こえてるって言ってた。
ではなぜ、聞こえないふりをする……。まさか、我に悪しき力を使わせまいとして……!
ううん。杖が喋るとか意味不明だから、無視してるんだって。
……やっぱり我、アイツの所には絶対戻らん。
……ソフィ、我の持ち主となってくれ。我の力を全て差し出そう。精神も奪わん。だから、頼む!
ロアちゃん……。
ソフィ、杖使わないよ。
……うむ。そうだったな。
悲しい風が吹きすさんだ。すると、その風に乗って聞きなれたマヌケ声が聞こえてきた。
おーい!
やっぱりソフィちゃんだったんだ。ホウキを持った子が買ったって言ってたから……。
リルムちゃん、あのお店に行ってたの? どうして?
どうしてって? もちろん買い戻すためじゃん。
売ったのはいいけど、やっぱりよくない気がしちゃってさ。
……!
ほら、そのためのお金も稼いできたんだよ!
小娘はとんでもない額の金を我とソフィの前に出した。
すごい。で、でもこんなお金どうやって?
ん? レナって人と戦うなら、ってお金もらえたの。
ふーん……? え? リルムちゃん、レナと戦うのー!
うん。ソフィちゃんもだよ。
え? えーー!

※話の最初に戻る
③魔道少女VS魔道少女

この世界では魔道士同士の戦いが最も人々を喜ばせる。
祭りの余興として名のある魔道士の戦いを用意すれば、それこそ大いに喜ばれるだろう。
ただし、それは魔道士からすれば相応の危険も孕んでいるのだ。悪ければ命を落とすことも……。
へえ。レナってそんなに強いの?
案の定、小娘はさして考えもなく、この戦いを受けたのだが。
リルムちゃん、相手は大魔道士だよ。私たちじゃ敵うかどうかわからないよ。
んー、たぶん大丈夫! こういうのは考えたって仕方ないよ。やるだけやろうよ。
……そっか。そうだよね。
そうだよ。やるだけやろ!
我には小娘のその態度が虚勢であることはわかっていた。
我を握る手が震えていたのだ。
小娘、聞け。相手は相当な手練れと聞く。勝つ見込みはあるのか?
…………。
初めてではなかろうか。小娘が我の言葉に反応したのは……。
……ないよ。
……小娘、我を使え。
……!
投げても構わん。我を見くびるなよ。我は〈魔杖エターナル・ロア〉だ。
投げられるうちにコツを掴んだ。いまなら山くらい吹き飛ばせるだろう。
……いいの? 私は売ろうとしたんだよ?
だが買い戻そうとした。その為にこの戦いを引き受けたのなら……。
我が力を貸すのは当然だ。お前は我の持ち主のはずだ。自由に使えばいい。
……ありがとう。杖の人。
〈エターナル・ロア〉だ。
私も、「小娘」じゃないよ。
ふん。100年早いわ。「小娘」が。
我ながらなぜこんなことを言ったのか……。いまでは少し後悔している。
だが、自然と言葉が出たのだ。
どうしたの? リルムちゃん?
ううん。ソフィちゃん、絶対勝とうね!
あの時の子がロロット家の……。 あの杖が〈エターナル・ロア〉。
興味あったんだよね、〈エターナル・ロア〉。どんな力を秘めてるのか……。
この戦いを見るために、多くの人々が集まっていた。
レナはもちろん、ソフィと小娘の名も観客を呼ぶことに一役買っていたようだ。
小娘、用意はいいか?
もちろん! ソフィちゃん! やろう。
うん。リルムちゃん!
そして、戦いの始まりが告げられた。
我を見よ。これが〈魔杖エターナル・ロア〉の力だ!
すごい……魔力ね!
行くぞ! 小娘! ソフィ
そして、小娘は我をおおきく振りかぶった。
行っけぇー!
グレェェート!
ザッパァァァーッ!!
と見せかけてリルム系ラジカル融合魔法ドーン!
マジカルパフェ!
は?
フェ、フェイント!? くッ、こっちだってフルスロットルよ!
うわー! 負けるか! しゃにむに複合魔法ドーン!
お、おい……。
ウィッチリンク!
あの、我は? 我本気になったんだけど……?
杖、邪魔!
あうッ!
てやー!
とあー!
えーい!
……おーい。我がおるぞー。本気になった我がおるぞー? 聞いてるかー?
こなくそー!
リルムちゃん、行くよー! 超マジカルで!
超ラジカルッ!
おーい。おーい。我はー? 我はー……。
……
我だ。〈魔杖エターナル・ロア〉だ。我を使う者は絶大な力を得る代償として……。
我に精神と身体を奪われる。
ほい! ……お、右だ!
こっちは自由都市の方だね。
あそこって、いろんなものが売られているんだよね? きっとおいしいものがいっぱいだね!
うん。いまから楽しみだね!
ま、我を使えば、の話である。

※話の最初に戻る

さよなら魔道少女

我だ。 <魔杖エターナル・ロア> だ。
グリモワール・グランプリが終わり、我は再び旅をしている。
小娘と……ソフィと。だがそれも、もう終わりを迎えるようだ……。
4998……4999……5000! 5000!!
やったーー!!
ソフィちゃん。すごーい。あの金額をたった一年で返しちゃうなんて……。
小娘とソフィは王都にやって来ている。いや、帰ってきたと言うべきか。
旅の始まりは一年前の、ハロウィンの祭りで賑わう王都だった。
魔道士が互いに大事な物をひとつ賭けて戦う <トリック・オア・トリート> 。
その対戦相手として、小娘はソフィと出会った。
うん。お城の半分を修復するお金だから、ソフィももっと時間がかかると思ってた。
小娘とソフィの対決は、途中で余計な邪魔が入ったせいで、決着はつかなかった。
あのかぼちゃオバケをぶっ飛ばすつもりが、間違ってお城を壊しちゃった時は焦ったなあ。
そのかわり、小娘がやらかした失態の連帯責任を負う形で、ソフィは多額の借金を背負った。
ソフィが小娘と旅に出たのは、借金の返済が目的である。
それが返済し終わったということは……ソフィの旅もこれで終わり。
じゃ、ソフィはこれからお城に行って、お金を返してくるね。
私も父さんに立て替えてもらった分を返さなきゃなあ……でも今は――。
お祭りが大事! ……と思ったけどお金がない。
お前、そればかりだな。少しは計画性を持ったらどうだ? ソフィを見習え。
お金、お金……お金かあ。チラッ。
ギクッ!
チラッ。チラッ。
ギクッ! ギクッ!
チラッ! チラッ! チラッ!
ギクッ! ギクッ! ギクッ!
もう、リルムちゃん。ロアちゃんを売ろうとしちゃダメだよ。
へへへ。冗談だよ、ソフィちゃん。
やって良い冗談と悪い冗談があるぞ、小娘!
大丈夫、けっこう厄介な物らしいから売らないよ。それに、大して高くないしなあ。
小娘、いつか泣かす。
では私も、ソフィちゃんを見習って、魔物でも退治して、そっこーでお金を稼いでくるか。
行っくぞー!
あ、リルムちゃん! ロアちゃんは?
どうせ使わないから、ソフィちゃん持っておいて。
う、うん。
…行っちゃった。リルムちゃん、わかっているのかな?
…………。
借金を返済し終わったということは……ソフィの旅もこれで終わり。
小娘はそのことが分かっているのか。アホなのでその可能性は低いだろう。
ちょうど、一年後のハロウィンの日に、その日が訪れるというのも、少々皮肉なものである。


賠償金を、城に返済し終わったソフィと我は、祭りの気配で賑やかな街中を歩いていた。
ソフィ。小娘との旅はもう終わりか?
ロアちゃん……。気づいていたんだ。
魔杖だからな。
これでいいんだよ。リルムちゃんなら、私なんかがいなくても大丈夫だよ。
だが、相当のアホだぞ。
うん。……でもロアちゃんもいるし。
ソフィ、我の昔話を聞いてくれるか? ……我は昔、尖っていた。
触れる者全てを傷つけるような……そんな生き方をしていた。
だが小娘やソフィと旅をしているうちに、我ながら丸くなった気がする。
それは本当だった。我はいま、ソフィに杖として扱われている。ただの杖として。
小娘には杖としてすら扱われていないが、どちらにしても、昔の我からは考えられない姿だ。
それはきっと小娘やソフィの特別な力だ……。まあ、魔法と言っていいだろうな。
それを失っていいのか。お前たちふたりの魔法を。
ロアちゃん……。
昔、槍だったの?
尖っていたというのは、形状の話ではないな……。ちょっと例えが難しかったか。
ううん。なんとなくわかるよ。ホントはね、私たぶん、リルムちゃんに嫉妬しているんだ。
ソフィもあんなふうに生きてみたいな……って思う。自由で、努力なんかしてないのに……。
あんなにすごい魔道士で……。だから、リルムちゃんとずっと一緒にいたらソフィはダメになる。
そんなふうに思う時があるんだ。だからここでお別れにしようと思う。
そんな考え方では、どこへ行っても無駄だぞ。闘ってみなければわからんではないか。
闘う前から負けた気になっている者は――。小娘以上のアホだ。
…………。
ちょうどいい機会だ。もう一度 <トリック・オア・トリート> で小娘と闘ってみろ。
闘ってみてダメでも、きっといまとは違う景色が見えるはずだ。
どうだ? 我もソフィを手伝うぞ。
ロアちゃん……ありがとう。
まったく。最近の我はどうかしている。
そろそろ <魔杖> の名も返上せねばならんかもな。


そして、対決の時はやってきた。
こうやって、ソフィちゃんと対決するのも、一年ぶりなんだね。
なんか、変な感じだね。
そういえば一年前のあの時、我はソフィに使ってもらいたいと思っていた。
一年の時を経て、その願いが叶ったわけだ。つくづく今年のハロウィンは妙な偶然がある。
だがあの時とは、我も小娘もソフィも、少し変わったのかもしれん。
成長。もう数百年生きている我が言うのも、おかしなものだが、そういうことなのだろう。
行くよ。ソフィちゃん。
うん。リルムちゃん。
小娘。悪く思うなよ。今回ばかりはソフィに勝ってもらうぞ!
とあー! リルム式ハチャメチャ――!
あ! ちょっと待って、リルムちゃん!
ほえ?
うっかりロアちゃん、持ったままだったよ。ちょっと置いてくるね。
は? 我も一緒に闘うぞソフィ! 我を使い、小娘に打ち勝つのだ。
そして、弱い自分を超えるのだ、ソフィ
うん。でも、ソフィはひとりで闘う。
……そうか。そうだな。ひとりで闘わなければ意味はないか……。我が間違っていたな。
ううん。違うよロアちゃん……。
ソフィ、杖使わないから。
あ。そっち? ……そうだったな。
もういい? ロアちゃん。
うむ……。
じゃ、リルムちゃん。改めて試合開始だよ!
望むところだ、ソフィちゃん!
……ま、いいか。


ほい!
はうっ……! こ、小娘、もうちょっと低く投げろ……。き、傷がつく。
左か……。
小娘……。
左は秘宝都市だね、リルムちゃん。
ああ、そっか。全然分からなかった。
小娘、いい加減地図くらい読めるようになれ。
対決の結果……。というかふたりの大暴れの結果。
ソフィの魔法が再び城を破壊し、またしてもソフィは借金返済の旅をする羽目になった。
だが、我はソフィがわざとやった気がしている。
怪我人がひとりもいないというのは、少々出来すぎた偶然に思えるからだ。
ともかく我と小娘とソフィの旅は、再び始まる。今度の目的地は……。
リルムちゃん、乗って。秘宝都市までひとっ飛びだよ。
オッケー!
小娘、もっと我をしっかり持たんか! 前みたいに途中で落とすなよ!
目指すは!
秘宝都市! のなんて名前だっけ?
プレ=ボ、プレ=ボだ。小娘。少しは地名も覚えるようにしろ!
あー、耳が痛ーい。
ふふふ。ロアちゃん、リルムちゃんのお母さんみたい。
せめてお父さんにならんか……。


今度の目的地は秘宝都市プレ=ボ。さて、何が起きるのやら……。


※話の最初に戻る

二次創作品

- イラスト作品 -
コメント(0)
Twitter

コメント

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる
メニュー  


▼index▼
種族別メニュー (64コメ)
カテゴリ別メニュー (64コメ)
イベント別メニュー (64コメ)


種族別メニュー

種族属性別
戦士 (145/185) / /
術士 (195/217) / /
神族 ( 38 / 61 ) / /
魔族 ( 48 / 68 ) / /
天使 ( 23 / 29 ) / /
亜人 ( 35 / 41 ) / /
龍族 ( 27 / 56 ) / /
妖精 ( 65 / 82 ) / /
物質 ( 13 / 21 ) / /
魔生 ( 4 / 8 ) / /
AbCd ( 10 / 10 ) / /

    • 画像無メニュー
戦士 / 術士 / 神族 / 魔族
天使 / 亜人 / 龍族 / 妖精
物質 / 魔法生物 / AbCd

カテゴリ別メニュー


イベント別メニュー

!New!

クロム・マグナ魔道学園 マジカル・グリコクエスト 天上岬 八百万神秘譚 双翼の物語 超魔道列伝
= 準備中 =
・ジェニファーの大冒険
・えれくとろ☆ぱにっく
・エターナル・クロノス
・神竜降臨
・黄昏の四神書
・古の森の千年桜
・イタズラ女神とうさぎのおはなし
・異空間野球 黒ウィズPRIDE
・異空間サッカー 蒼穹のストライカー
・天界の双子 訣別のクロニクル
・覇眼戦線
・幻魔特区スザク
・勇者しょこたんと導きの猫たち

Wikiあれこれ企画室

Wikiメンバー


左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
コノハ
アウラ
種族戦士
4 アイ
5 キーラ
6 ルシエラ
7 カノン
8 ミスティックメア
9 ぽんチンさん
10 アルドベリク
最近の更新

2017/05/01 (月) 20:52

2017/04/16 (日) 10:51

2017/03/23 (木) 17:45

2017/01/29 (日) 03:24

2016/12/27 (火) 18:18

2016/10/15 (土) 23:32

2016/08/09 (火) 00:11

2016/07/09 (土) 23:52

2016/07/09 (土) 09:13

2016/07/02 (土) 00:09

2016/07/01 (金) 14:49

2016/06/09 (木) 05:55

2016/06/04 (土) 15:23

2016/05/28 (土) 01:52

2016/05/26 (木) 14:21

2016/05/22 (日) 08:46

2016/05/02 (月) 22:49

2016/05/02 (月) 22:23

2016/04/27 (水) 23:00

新規作成

2016/04/12 (火) 22:53

2016/04/12 (火) 22:52

2016/04/12 (火) 22:51

2016/04/08 (金) 22:48

2016/04/08 (金) 22:47

2016/04/08 (金) 22:45

2016/04/06 (水) 21:23

2016/04/06 (水) 21:21

注目記事
リセマラ当たりランキング バクモン攻略wiki
リセマラ当たりランキング スタリラ(少女☆歌劇 レヴュースタァライト リライブ)攻略wiki
ガチャの黄金レシピまとめ フードファンタジー攻略wiki
リセマラ当たりランキング アトリエオンライン攻略Wiki
大型製造の概要と排出キャラ一覧 ドールズフロントライン(ドルフロ)攻略Wiki
ページ編集 トップへ
コメント 0