ミネバ

 
最終更新日時:
124912501251
(A)竜魔術師 ミネバ(A)竜魔道士 ミネバ(A+)竜魔賢者 ミネバ
ASサンダーボルトサンダーボルトメガヴォルト
SS迅雷の魔術迅雷の魔術迅雷の魔術
125222265824
(S)雷鳴の竜魔 ミネバ・クロード(SS)天地雷響の皇龍 ミネバ・クロード(L)天宇雷轟の皇竜魔 ミネバ・クロード
ASテラヴォルトテザストルヴォルトディスラプティブボルト
SSオーバーボルテージケラウノスヴォルトライジングボルトテンペスト
登場時期:2013/10/27 神竜降臨! 限定ガチャ 2014/06/23 神竜降臨Ⅱ SS化 2016/03/14 L化 

3周年記念ver

575557565757
(SS)気高き少女 ミネバ(SS+)誇り高き竜魔 ミネバ(L)裂天の晃竜魔 ミネバ・クロード
ASボルトブラスタースプレンディドボルトスプレンディドボルト
SSアキュートサンダーアキュートサンダークロッシング・レゾナンス
登場時期:2016/02/29 3周年記念 限定ガチャ 

共通情報

名前ミネバ・クロードCV明坂 聡美種族龍族
登場神竜降臨Ⅱ
世界本能と力が全てを支配する異界
所属竜人クロード一族の末裔
特徴ワード誇り高き最強竜
関連キャラ神竜降臨Ⅱ
セリフ1「逃げる──というのですか? できません! 誇り高き竜人が戦いから逃げるなど──」
セリフ2「馳せよ迅雷!」
セリフ3「強いだけでは獣と同じ。真の強者は気高い誇りを抱いていなければならない。
 我が一族の家訓です。」
補足情報最強と誉れ高き龍族の一族クロード家の長女。
気高い精神と心優しい性格を併せ持つ。
誇りを持って力を振るう事を心がけている。
(※2014ねこまつりGP人気投票 コメント)
[投票前]尻尾は、触ったら駄目。ツノもいや。髪は……まあ、撫でられるのは、好き。
[発表後]ありがとう。……またきっと、会えるからね。

パーソナルストーリー


バックストーリー

本能と力が全てを支配する異界において、
強き力を求め、異種族である龍と契約を交わし、その身に「竜の力」を宿した一族。
その一族の遠い子孫に、長女ミネバ、次男ザッハ、末弟レガートの「クロード三兄弟」が居た。

己の中の「竜」の力を使い、目の前に立ちはだかる敵全てを薙ぎ払い、三人は前へと進む。
――全ては、少数の生き残りを残すのみとなった一族の栄華を再び取り戻すために。

※話の最初に戻る

大地の異変


本能と力がすべてを支配する世界。

強き者が望むままに力を振るい、弱き者を屈服させることをこそ、"正義"と呼ぶ世界。

かつてその地を、未曽有の危機が襲った。

強さを求め、竜と契約して力を得た竜人たち──

彼らが野放図に力を使いすぎた結果、大地を支える竜力が乱れ、世界が滅びかけたのだ。

その危機は、ひとりの少女と、異世界から訪れた黒猫の魔法使いの手によって防がれた。

しかし、一度世界を襲った"竜力の乱れ"は、たやすくは消えない爪痕を残していた──



世界の中心に位置する霊山ロドム──
厳かな霊気に満ちたその頂で、霊山の守護者たる竜人イェルノーが、神妙に口を開いた。
大地の竜力が乱れた結果、虚空に封じられていた魔竜ヴシュトナーザが目覚めた……。
……ってことは同じように封じられていた連中も復活してる可能性が高い。


雷鳴の竜魔の名を持つ竜人、ミネバ・クロードは、その言葉に眉をひそめる。

ヴシュトナーザの他にも、魔竜がいたんですか? イェルノーさん。
二代目の話じゃ、そうらしい。
二代目──ナフィーヤ・ロドム。大地の竜力を安定ならしめていた竜、”均衡を保つもの” ロドムの名を継ぐ少女だ。
霊山の主として、半年前に乱れた大地の竜力を調整するという務めを果たし続けている。
大昔、魔の軍勢に与した魔竜ども──そのなかでも、いっとう強力だった3頭……。
そいつらは、戦いのなかで肉体を滅ぼされ、竜力だけになってなお、存在を保ち続けたらしい。
ヴシュトナーザと同じ、肉体を持たない竜力だけの存在──ですか。
そう。ヴシュトナーザはそもそも肉体を持たない竜だったけど……こいつらは違う。
あまりに力がありすぎて、肉体を滅した程度じゃ倒しきれなかった。それで、封印されてたのさ。


はいはーい!

竜の力を持つ少女アニマが、元気よく挙手する。
ふーいんはいつかとけるのがそーばだ、って、ざはーるがいってた!
ま、だから簡単にゃ解けないようにするんだけど、なにせ世界が滅びかけたとあっちゃ、影響が出ないってわけにもねぇ……。
古の魔竜たちが再び地上に出てきたって確証は、まだない。でも最近、大地の竜力が、また乱れ始めてる。
だから、あんたたちに調べてきてほしいのさ。乱れた竜力の調整をしながらね。
おっけー、おっまかせー! なふぃーやにばっか、かつやくさせてらんないもんねー!
はは。その意気だよ、アニマ
弟くんたちにも、同じことをやってもらってる。クロード一族の力の見せどころってことで頼むよ。
ザッハレガートも……。
最強の竜族とされる、クロード一族の末裔たち。ふたりの弟の名を聞いて、ミネバは唇をほころばせた。
そう言われたら、ますます断れないですね。
わかりました。クロードの名に懸けて、原因を突き止めて見せます!
あにまも、あにまのなにかけるー!!
あたしとナフィーヤは、ここで情報を集める。任せたよ、ふたりとも!




ミネバとアニマは、ナフィーヤの導きに従い、竜力の乱れの激しい場所へと向かっていた。

みねば こっちこっち~。
仔竜とも竜人の子ともつかぬ姿に変じたアニマが、ぱたぱたと翼を動かし、ゆるゆる宙を進んでいく。
実は彼女も、例の魔竜たちと同様、竜力そのものが自我を得た存在だ。
だから、「これが自分」とはっきり思える範囲であれば、自由に姿を変えることができる。
おっきいほうになり続ける訓練はいいの、アニマ
こっちのが らく~。おはね のびのび~。
文字通り羽を伸ばし、鼻歌交じりにアニマが飛んでいると──
突如、彼方から猛烈な勢いで飛来した火球が、アニマの顔面を直撃、彼女をすこーんと吹っ飛ばした。
んにょぶごッ!
ア、アニマ! だいじょうぶ!?
きゅう~。
さすがに炎の竜である。火球をまともに喰らって、目を回す程度ですんでいる。
アニマが全身をぶるぶる振って煤を落とす横で、ミネバは火球が放たれた方角を見据えた。
平原の彼方に座す、大きな森。そのなかから突如、黒の火柱が立ち昇り、鳥たちがあわてて飛び去っていく。
あの禍々しい炎の竜力……まさか──
封じられていた魔竜の1頭──”揺らめき焦がす”ザフル・ラキム!




緑なす森のなか、炎の竜が猛り、暴れる。

獰猛な唸りをまき散らしながら木々を薙ぎ払い、全身から発する炎で草や枯葉を焼き尽くしていく。


無惨な爪痕を刻みながらの進撃──それをどうにか食い止めようと、少女と竜とが立ちふさがった。

や、やめてくださいってばぁ! この先には、村のみなさんの大事な湖があるんですから……!
炎の竜は不快げに唸った。その口がカッと開かれ、淀んだ黒の火球を吐きつける。
辛うじてかわすスーチャ──火球は木々の間を抜け、森の外へと飛んでいく。
言葉の通じる相手と思うか、愚か者めが! 力を以って制する以外に止める手立てなどないわ!
尻もちをついた竜腕の少女に、水竜ジャスクスは苛立たしげな怒号を叩きつけた。
なんのために我が鍛え直してやったと思っている! 臆するくらいなら竜の前になど立つな!
びりびりと空気を震わす叱責に──竜の腕を持つ少女は強くかぶりを振り、決然と火竜を見据えた。
だいじょぶです。村の人たちのためですもん──怖がったりなんて、もう、しません!!
気合も新たに、再び炎竜の前に立ちふさがる。
がんばりますっ!!
決意の叫びとともに、スーチャは竜腕を振るった。

えぇぇえええぇええいっ!

スーチャとジャスクスが、ともに激流を放った。
ほとばしる激流は互い違いの方向から炎竜を直撃──その巨体を猛然と圧し砕き、引き裂いていく。
だが、直後――吹き飛んだ竜の首が炎の尾を噴いて飛び、一直線にスーチャへと向かった。
しまったっ──スーチャッ!!
竜の首がスーチャに喰らいつく直前、

──馳せよ迅雷!!

矢のごとく宙を馳せた一筋の雷条が、牙むく炎竜の顔面に炸裂した。
雷撃は竜の頭部を貫通しながら、四方に拡散──粉々に打ち砕き、光の風へと変えていった。


やっぱり──あれは竜力の化身だったみたいですね。

ミネバさん! アニマちゃんも!
悠然と進み出るミネバを目にして、スーチャは、ぱっと相好を崩した。ミネバも、穏やかな微笑みで応える。
スーチャさん。無事でよかったです。竜力、取り戻せたんですね。
半年前に起こった大地の竜力の乱れは、霊山ロドム周辺にいた竜人たちに、ある影響をもたらした。
特に強大な竜人──その竜力が制御不能となり、あまつさえ、竜として実体化、暴れ出したのだ。
スーチャも実体化した己の竜力を止められず──そこを、ミネバと黒猫の魔法使いに助けれられた。
だが、実体化した竜力の撃破には成功したものの、スーチャに元の竜力が戻ったわけではなかった。
あれから、ご先祖さまが契約していた竜……、ジャスクスさんに鍛え直していただきまして。
まだ修行は終わっておらんぞ、馬鹿者! かような不覚を取るなど、未熟の証よ!!
……って感じで旅をしてたら、近くの村で、「炎の竜が森を薙ぎ払いながら進んでる」って話を聞いて……。
森の奥には、みなさんにとって大事な水源になってる湖もありますから。止めなきゃ、って思って──
ふん! 放っておけばよいものを。
そんなわけにはいかないじゃないですか~……。
ミネバは、ぐるりと周囲を見回した。ザフル・ラキムが暴れながら進んだ爪痕が、辺りに痛々しく刻まれている。
ザフル・ラキム……いったいどうして、こんなところで暴れていたのかしら……?
んっとね、みねば。なふぃーやから、こえがとんできたんだけど。
むこうにあるみずうみってね、なんか、りゅーりょくがたまりやすいとこなんだって。
”竜穴”と言うのだ、若輩。世界には、いくつかそのような場所がある。
竜力のたまる場……では、ザフル・ラキムは、そこの竜力を狙って──?
竜力とは、自らの内にて練り上げるもの。普通なら、竜穴の竜力を我が物とすることなど不可能だが──
竜力の化身なら、竜力そのものを吸収して、自分の力にできますね……。


半年前──ミネバは、荒れ狂う己の竜力の一部を外に切り離し、竜力の暴走を抑制した。

切り離された竜力は、やがて自らの意志を持ち、竜力を吸収することで成長していった──

──それが、アニマだ。

んじゃ、あたしもりゅーけつにいったら、もっとつよくなれる?
やめておけ。無闇に力を引き出せば竜穴が枯れ、大地の竜力がまたぞろ乱れることとなろう。
あ、そりゃだめだ。やんないやんない。
ひょっとして、大地の竜力が乱れているのは、魔竜たちが竜穴から力を引き出したから……?
思案していると、アニマが「む!」と目を閉じた。ナフィーヤから霊的な声が届いたらしい。
ややあって──アニマは、困ったような顔で、目を開いた。
……アニマ? どうかしたの?
うん。えっとね……。
ザッハたちも、たおしたんだって。ほのおのりゅう、ざふる・らきむを。

※話の最初に戻る
魔竜の謀略

スーチャたちと別れ、次なる"乱れ"を目指して足を進めながら、ミネバは考え込んでいた。


ザフル・ラキムが複数いたということは……。ヴシュトナーザのような虚像だったのかしら?

んー……たぶんあれ、りゅーりょくをわって、べつべつにうごかしたんだとおもう。

竜力を割る……そんなこと、できるの?
あたしならやりたくないけどー。これがじぶん! っていうの、わかんなくなっちゃいそう。
言われてみれば──あの竜から、自我というか、知性のようなものは感じられなかったわね……。
言いながら進んでいると、彼方から、ごろごろ……と重々しい音が轟いてきた。
かみなり! りゅーりょくのかみなりだよ、みねば!
もしかすると、また……。急ぎましょう、アニマ




でたらめに暴れ狂う、翼ある雷竜に、槍持つ竜人と蛇身の竜とが、決然と戦いを挑んでいた。



わかっているな、ゲドゥザ!

奴を人里に近付けぬよう陽動するのだろう? 無論、承知だ。ゆくぞ、パメラ!

翼竜が、雷撃の吐息を放つ。パメラは槍で雷を絡め取るようにして受け流し、蛇竜ゲドゥザとともに天を駆けた。
槍と牙──左右からの挟撃。雷竜は鮮やかに翼を駆り、急激な加速で地上へと逃れる。
急降下の最中で、翼竜は、ぎょっとしたように目を剥いた。
敵影などなかったはずの平原に、凛然と術を練る竜人の少女が現れていたのだ。

天宇の彼方に縛執されたる暴虐の化身よ! 我が解放の鐘鳴に応じ、高く吼ゆるべし!

地上から放たれた球状の雷球が、降下する翼竜を直撃──ほとばしる雷火でその羽を焼き尽くす。
”雷鳴の竜魔”か! ありがたい!
体勢を崩す翼竜に、雷をまとったパメラが、上空から急襲。長槍で貫きざま、電光石火の勢いで大地に叩きつける。
激震──砕けた地面に縫い止められた雷竜は、しばしびくびくと悶え、やがて光の風となった。
”果てなく轟く”リリグ・ミドゥ……。これも知性なき竜力の化身か……。
槍を一振りし、残心の姿勢を取ったパメラが、粛然としてミネバに声をかけた。
ご助勢、痛み入る──ミネバ・クロード。借りを作ってばかりで、情けない限りだ。
気になさらないで、パメラさん。それより、竜力を取り戻されたようで、何よりです。
祖先が契約した竜──ゲドゥザに試練を賜ってな。こんな状況でなければ、立ち合いを申し込みたいところだが……。
粗暴な竜のせいで、この地の竜力は乱れに乱れた。放っておけば何が起こるかわからぬ。即刻、村の者らを避難させねばなるまい。
そーゆーことなら、あたしにおまかせっ!
片目をつむり、くるりと軽く一回りするアニマ。その翼が、カッと強烈な閃光を放った。
竜力の化身だからこそ可能な、竜力への直接干渉。荒れ狂っていた周囲の気が穏やかに静まっていく。
とりあえず、だいじょーぶになったけど……。りゅーりょくのながれ、なんかおかしいかも。
奴め、竜穴を破壊しようとしておった。それでどれだけの被害が出るかも顧みずに……。
破壊? 竜穴から竜力を吸収するのではなく?
我らが見る限り、そのようなそぶりはなかった。純粋に暴れ回っているようだったが……。
パメラの言葉に、ミネバは眉をひそめた。自分は何か勘違いをしている──そんな危機感が心に沸き立つ。
(竜力を吸収し、力を高めようとしている……。そう思っていたけれど……)
(もしかして──ザフル・ラキムも、本当は、竜穴を破壊しようとしていたの……?)
(でも……だとしたら──)


(彼らの目的は、いったいなに……?)






みねば! なんか、どっちもきたよ!?

挟撃……!

敵の狙いを竜穴と見たミネバは、竜力の乱れた地に着くや、すぐさま竜穴へと向かった。
そして案の定、暴れ回るザフル・ラキムを見つけ、強襲したのだが──
まさにその瞬間、背後から、リリグ・ミドゥの奇襲を受けたのだ。
(誘き寄せられた──罠にかけられた! 敵は、明確にこちらの存在を意識している!)
(でも、やはりこの竜たちに知性があるようには見えない……なら、黒幕がいるということ!)
炎と雷の吐息がほとばしる。ミネバとアニマは、別々の方向に散ってかわし、反撃を放った。
二頭の竜が荒々しく咆哮──こちらの攻撃を弾き、猛烈な勢いで突撃してくる。
あれ!? なんかつよくなってぶぎゃっ!
アニマ! もう、油断するから……!
ミネバは翼竜の猛突を見切ってかわしざま、そのふところに雷撃を放った。焼き焦がしはしたが、竜は反転、再び急襲してくる。
(前の竜より、竜力が強くなっている……。やはり、邪魔するこちらを潰すつもりで!)
翼竜の爪牙を避けながらの反撃に徹する。その間に、炎竜が吹き飛んだアニマに向かった。
あいったたたた……。
アニマ
地面に転がったアニマへ、ザフル・ラキムが大きく口を開き、炎の吐息の構えを取った。

むぅぅぅううぅううううんッ!!

その巨体が、横ざまに吹っ飛んだ。
黒い鎧をまとった竜人の、全速力の体当たり。竜力もへったくれもない純粋な力ずくの一撃が、無防備な炎竜を強烈に大地に叩きつけていた。
バスさん!


竜鱗の武人バス──スーチャやパメラ同様、内なる竜力の暴走によって力を失った竜人である。

無沙汰をしてござる、"雷鳴の竜魔"! 義の導きに従い、助太刀に参った!
何が"義の導き"だ。偶然通りがかっただけであろうが。
起き上がろうとした炎竜を、白竜の爪が捉えた。そのまま豪快に引きちぎり、無害な竜力に変える。
そうりゃ!
バスとレツィーユは、息をそろえて洞窟内を飛翔。ちょうどミネバの攻撃を受けてよろけた翼竜へ、もろともに怒濤の一撃を叩き込んだ。
雷撃を受け続けていたこともあり、リリグ・ミドゥは耐えられずに消滅していく。
やや、あいすまぬ。手柄を横取りする形になってしまった。
いえ──助かりました、バスさん。ありがとうございます。
ばす おひさー! ござる ざるざる!
お、やはりアニマ殿であったか! なんとなくそんな気がしてござった!
からからと快活に笑ってから──バスは表情を引き締め、問うてきた。
して、ミネバ殿。今の奴ばらは、何者か?


なるほど、さような仕儀が。世界に害なす竜となれば、世のため義のため、この身を粉にしてでも倒さねばならぬな!
ええ。でも、敵の狙いがまだ見えないんです。どうして竜穴を壊そうとしているのか……。
力はあれど頭を使うということを知らんようだな、”雷鳴の竜魔”とやら。
バスの祖先が契約したという白竜レツィーユが、不機嫌そうに鼻を鳴らした。
敵の狙いなど決まっている。竜穴を破壊し、竜力を乱し……。その果てに待つものは、ただひとつ。
ミネバは息を呑んだ。
世界が、壊れる……。
半年前、竜力の乱れによって、世界が滅びかけてように。
でも、どうして? 世界が壊れてしまったら、あの魔竜たちだって……。
この世を、水で満たされた皮袋と考えてみろ。水は竜力。穴を開ければ中身が飲める。
だが、もし、皮袋そのものを引き裂いたなら──
おみず こぼれる のみほうだい!
世界を破壊することで、大地の竜力すべてを、一気に掌中に収める……というのですか!?
竜穴からちまちま力を吸って回るより効率が良い。もっとも、竜力の化身でなければ、そんな真似はできなかろうがな……。
そして、世界ひとつ分の竜力を得ようものなら、世界が壊れようが、どうとでもなると思わぬか?
極論──それで新たな世界を形成し、己の意のままにすることさえもな。




ミネバは、アニマを通じてナフィーヤに連絡し、レツィーユの予測をイェルノーに伝えた。


このまま各地の竜穴をぶっ壊されたら、確かに世界は滅びかねない。

だけど……それなら、もっと手っ取り早い方法があるんだ。

世界最大の竜穴──霊山ロドムと対をなす、竜力の流れの要──ジラル海域! そこを潰せば一気に世界は終わる!

ジラル海域は竜力の流れが絡み合ってるせいで、近づくことさえできない場所だった。でも、竜力が乱れた今なら……あるいは──!



なるほど……。

穏やかに波打つ、蒼く広大な海原──ジラル海域を訪れたミネバは、小さく唇を噛んだ。
侵入不可能のはずの海域……。確かに今は、とてもそうは思えない……。
あっちに、すっごくおっきなりゅーけつあるよ! ろどむのやまと、おんなじくらいすごいかも!
いつになく真剣な表情で、アニマは拳を握り締める。
せっかくみんなでがんばって、りゅーりょくをあんてーさせてたのに……かってやっちゃってさ!
そーゆーわがままはよくないって、おしえてやんなきゃ! ね? みねば!
そうね、アニマ
頬を上気させる少女に、ミネバは小さく微笑んだ。
アニマは、自分の竜力の化身として生まれた。
だが多くの人と出会い、多くの経験を積んで──今は確かな意志と、誇りと、優しさを胸に抱いた、ひとりの気高い竜として成長している。
誇りと力と──その双方を尊ぶクロードの血族として、これほどうれしいことはない。
(私も、クロードの名にふさわしい竜人であり続けなければね……)
(そうでなければ──あの人に助けてもらった意味がない……!)
異世界から現れ、自分に"力を合わせて戦う"ということを教えてくれた、黒猫の魔法使い。
元の世界に帰った今も、きっと、ミネバたちがよりよい世界のために戦い続けているのだと、信じてくれているだろう。
(その信頼を裏切るわけにはいかない)
ミネバは、決然として空の彼方を見据えた。
私たちの世界は、私たちの力で守る──
これ以上の狼藉を許すわけにはいかないわ。案内をお願い、アニマ
がってんだー!


アニマの導きを頼りに空を駆けながら、ミネバは敵の狙いについて考え続ける。
(各地の竜穴を破壊し、大地の竜力を乱し……。ジラル海域への道を拓くのが、第一の目的)
(そして、第二の目的は──)
考えている途中で、アニマが突然、あわてた声を上げた。
みねば! あれ、あれ!!
彼女の指差す先──茫漠たる大海の真ん中に──
山が、生えた。
大海原を突き破り、巨大な山の頂が生えた。膨大な量の海水が滝のごとくこぼれ落ち、海面に轟音と水しぶきをまき散らす。
やがて、その山が、飛んだ。
山としか呼びようもない規模の大岩が、ついに水面を離れ、空へと上がっていく。
これはッ……!!

さしずめ、世界の要石とでも呼ぶべきものよ。これが砕けたとき、世界の竜力は崩壊する……。

空間に──いや、世界そのものに響くような、ぞっとするほど明瞭な声が響いた。


振り仰ぐ先──空に、白銀の鱗を持つ竜が、傲然と翼をはばたかせている。

魔竜の、最後の1頭……”世の灯を無に帰す”ラギカ・バルシス!
いかなる声をも断ち割って轟くような、圧倒的な厳然さに満ちた声が返る。
我が狙いを見抜いたようだ。見事ではある──が、遅きに過ぎたな。
へーんだ! ここでとめれば、まだまにあうもんねーだ!
で、あろうな。
でなくんば、あえて汝らを待った甲斐がない!
古の魔竜が、呵々と吼えた。
空を震わす歓喜の雄叫び──それは、めくるめく闘争への純然たる渇望に燃えていた。
当代最強と誉れ高き竜人と、その分け身たる竜力の化身──
汝らこそ、この世の最期の対手にふさわしい。味わわせてもらうぞ──その力を!!

※話の最初に戻る
竜の魂



ラギカ・バシルスが咆哮した。

海原が鳴動──幾本もの巨大な水柱が、火山の噴火するがごとき勢いでそそり立つ。
突き上げる水柱を巧みな飛翔でかわしながら、ミネバとアニマは互いの竜力を練り合わせた。


王たる者の杯は、満つるを知らず干るもなし! 以って汝の耐えうる道理なし!

なぁーし!!

水柱を左右から回り込んで合流したふたり──重ねた手から、塔ほどもある雷光が放たれる。
カァッ!!
烈吼一喝。凄烈の雷華は膨大な竜力に阻まれ、無惨に散った。
なんて力……!
みねば! あいつ、せかいをゆがめてる!
世界を……歪める!?
せかいをゆがめて、あなをあけて……。そこから、てにしたりゅーりょくをおくらせてる!
同じ竜力の化身──その眼は確からしい。
天宇の彼方に縛執されておる間、我は知った。この世界の外にも、多くの世界があることを。
……! 108の異界──!
ミネバは知っている。かつて出会った異界の人間、黒猫の魔法使いから、その摂理を聞いている。
そして、無聊の慰めに試みを重ねてな……。ついに"異界の歪み"を開くすべを会得した。
ザフル・ラキムとリリグ・ミドゥの自我が代償となったが──"使い道"に幅が出たことを思えば、むしろ、得たり賢しというもの!
(ジラル海域に到達した今、各地の竜穴を破壊する理由はない……)
(だから代わりに、竜穴の竜力を引き出させ……。歪みを通じて送り込ませている……!)


人間を守るなぞ癪の極みなれど──こやつらに我が物顔をさせるのも我慢ならぬ!
止めなくちゃ……わたしたちの力で!


竜穴だけでなく人も襲い始めるとは……! 狙いは竜人の竜力か!
いずれにしても、止めねばなるまい! 我らの後ろには、命がある……!


ここが踏ん張り時とみた! 今こそ義の見せどころですぞ、レツィーユ殿!
汝の言うことは、いつもだいたい解せぬ!


そうまでして力を手にいれて……、あなたはどうしようというのです!
力を求むるに理由なぞいらぬ! ただ強く、より強く──それこそ竜の本能よ!
この世界全ての竜力を我が物としたならば、次は別の世界の力を喰らう!!
果てどなき力の希求──汝らも竜の牙を持つ者なら理解できよう!
銅鑼を叩き鳴らすような暴声。どんな異論も反論も、ただ圧倒的な強さでもって吹き散らしてしまうような。
自分のみ、強ければよい。
自分の声さえ響けばいい。自分の意志さえ通ればいい。
それが強き力を持つ者の特権にして摂理だと──傲慢であることそれ自体が高みにある証だと──
そう言わんばかりに翼を広げ、意を示す竜の姿に。
ミネバは、厳然とかぶりを振った。


強いだけでは、獣と同じ……真の強者は、気高き誇りを抱いていなければならない。

獣風情が……竜を謳うなッ!

吼える少女の全身が、白く輝く雷華を帯びた。
心の発する純なる怒り──その発露が呼び覚ます、穢れなき竜力の昂りであった。
気高き竜の息吹を継いだ、クロードの魂──
その血に懸けて、あなたを討つ!
力を持つなら、その意味を考えなければ!
愚かな! ここはそういう世界なのだ!
だから一度、滅びかけた! そして今、違う道を選び始めている!
何も変わっているものか! 誰もが力を欲し続けている!
そんなことない! 少しずつ気づき始めている! 持っている力の意味に! その大切さに!!


きゃあっ!
スーチャ!
水の竜力を突き破り、電撃の吐息が少女を撃つ。
思わず膝をつきかけながら──それでもスーチャは、目の前の敵から視線をそらさない。
だめ……わたしたちの後ろには……、いろんな人の、いろんな暮らしがあるの……!!
この腕は……! ご先祖さまが願った力は! そういうものを、守るためにあるんだからぁっ!

その気持ち──すっごく、わかるッ!

迫る雷花が、弾け散る。スーチャを守るように現れた、白く輝く竜力の障壁に阻まれて。
茫然となる少女の前に、白い翼が、ふわりと広がった。


オッケー、グリフ。そうだよね。こんなのみたら、放っとけない!

あなたは……。
この竜力──まさか、白霊竜の!?
あ、あの! 助けてくれてありがとうございます! でも、気をつけてください! そいつら、ふつうじゃないんです!!
スーチャの叫びに、仔竜を連れた竜人の少女は、強く真摯なうなずきで応えた。
わかってる。ひどいにおい、するもんね。こいつらも、魔の軍勢の力を受けてるんだ。
でも、だいじょうぶ。やられたりなんてしないよ。あたしたち、とっくの昔に──
白翼が舞い踊る。はつらつたる少女と快活な仔竜。対の翼が、絶対的な決意に満ちた守護の風を生む。


負けないって誓ったッ!!



下がれ、パメラ! さすがに分が悪い! 汝は近隣の里の者らを逃がしにゆけ!
しかし、ゲドゥザ殿! あなたは──!
あの里の者らな。良い意匠の布を織っておった。
我が命などより、よほど価値ある財産よ。だからゆけ。心の歴史を摘んではならぬ!
だが──!

ごちゃごちゃうるせぇぇぇええーーーーッ!!

火球の雨が、降り落ちた。
どしゃ振るような猛然たる落下。居並ぶ魔竜が、無数の暴炎に呑まれ、鮮やかに爆裂四散していく。
この炎──まさかこれは、音に聞く……。


このアリューゼさまがぐっすり寝てるってのに、邪魔しやがって。覚悟はできてんだろーな、ええ?

小柄な竜人の少女が、のしのしと歩いてくる。膨大な熱気で周囲の大気を陽炎に変えながら、あっけに取られたパメラの横を通り過ぎる。
いまだ尽きざる竜の群れ──対する少女は、にやりと獰猛な笑みを浮かべた。
いい鼻っ柱してんじゃねーの。そういうの、へし折りたくてウズウズするぜ。


ちいさいからって、ナメんなよ!!



ぐはあっ!
おい、馬鹿者! これしきでへたばる奴があるか!
ははっ、なんのなんの! これしき、師の拳骨に比べれば、仔象のたわむれのようなもの!
ここで下がっては義がすたる! 倒れようとも戦う所存ッ!!

さすがです、バス師兄!

紅蓮の炎が、竜を撃つ。
怯んだところを霧氷が襲い、
とどめに喉を鍼が貫く。
戦場に現れた、みっつの人影。その中心に立つ女戦士へと、バスは朗らかな笑顔を向けた。
おお──なんたる天佑! 久しいな、アデレード
汝の知己か!? 人間でありながら竜力を使うとは……。
我が妹弟子でな。いや、よく来てくれた! かたじけない!
師兄には、狩りを作りすぎておりますので、返しどころと見ただけです。


なら初対面の俺としては、ここでどっさり貸しを作っておくとするかな。

お兄さん、一度後ろへ、わたしが治します! あ、あと、アディちゃんがお世話になってます!

あいや、構わぬ。これしきで倒れるようでは我が流派の直名折れよ。なあ、アデレード
わかっております、師兄。ここは──意気を揃えてまいりましょう!!




竜力を激流に変えて放つラギカ・バシルス──その巨体が、不意に揺らいだ。

なんだ……!? 竜力の供給が──!?
はあっ!
隙と見て、ミネバとアニマは一気に加速した。最大威力の魔術、その射程圏へと急ぐ。
図に乗るなッ!
怒号と共に放たれた、迎撃の激流が──


横合いから割り込んできたふたりの竜人に受け止められ、千々と散った。

なんだとっ!?
ザッハ! レガート
よう、姉者! 他ンところはみんながなんとかしてくれてるぜ!
俺たちが援護します。クロードの力を見せつけてください、姉上!
弟たちの呼びかけに、ミネバは決然とうなずいた。
わかったわ──アニマ
もち、おっけー! こんじょーぜんかい、だいほーしゅつっ!
これ以上の竜力が得られぬならば、我自身の力で征すまでよ!!
飛翔するミネバとアニマラギカ・バシルスが放つ激流の吐息は、ザッハレガートが割り込んで吹き散らす。
ならばぁっ!!
はばたく翼が猛烈な風を起こした。風は海水を巻き上げ、即席の嵐となって、
風は海水を巻き上げ、即席の嵐となって、飛来するミネバたちを呑み込む。
失墜必至の暴風圏──それを、ふたりは難なく突き抜けた。
みたか! これぞ、いぇるのーじこみの──
乱流飛行!
荒れ狂う風を鮮やかに乗りこなし、むしろさらなる加速を見せて距離を詰める。
このっ──
苦しまぎれに振りぬかれた豪腕に飛び乗り、頭部へ向かって高速で滑り降りながら──
ふたりは互いの竜力を共鳴させ、高らかに詠唱を吟じた。


されば聞け──吼ゆる天地の共鳴りを!!

天より振り落ちる雷と、海を割って噴き上がる雷。
双の雷光が、巨大な竜のあぎとのごとく、ラギカ・バシルスを挟み込み──噛み砕く!
オ、オオ、オ、オ……!
竜力が……我が竜力がッ! 耐えられぬだとッ! 馬鹿な! そんな道理が──!
あなたを滅ぼせず、封じるしかなかった……。それは、かつての戦いの話でしかない。
私たちは、高め続けてきた。力を。魂を。脈々と継がれる血の絆のなかで、ずっと!
高めた力を束ねれば、さらなる力に昇華する! あなたを滅ぼす力にさえも!!
…………ッ!!!


散りなさい──獣ッ!!

絶叫すら、空を焦がす雷鳴にかき消され──
"世の灯を無に帰す"と謳われた魔竜の竜力は、果てなき光に呑まれていった。




で──ラギカ・バシルスを倒せたのはいいとして……。

残っちまったわけだ。その、"異界の歪み"とやらが。

ジラル海域、上空──
イェルノーが困った顔で見つめる先に、異様なものがある。
妖しい燐光を帯びて渦巻く、謎めいた"穴"。"浮かんでいる"というよりも、空間そのものが変わり果ててしまったかのように見える。
ラギカ・バシルスの竜力は、この"歪み"の向こうに吸い込まれていきました。
もしかしたら、他の世界に行って、暴れてしまうかも……。
こんな空間に引き込まれりゃ、さすがに無事じゃすまないだろうさ。仮に存在を保てたとしても、自我が残ってるかどうかさえ怪しい。
竜としては嘆かわしいことですが、よその世界に迷惑がかからないことを祈りたいですね。
となると、問題は、こいつをどうするかだな。アニマ、なんかわかんねぇのか?
んー……よくわかんない。あたし、はじめてみるもん。
自然消滅してくれりゃいいんだけど……。
楽観は危険でしょう、イェルノーさん。早めに手を打たなければ。
しかしよ、レガート。手を打つって言っても、どうすりゃいい?
方法を知ってる人を、見つけましょう。
毅然として告げるミネバに、みなが視線を集めた。
学者や賢者……それに、古くから生きる竜たち。片っ端から当たれば、1人くらい知っているかも。
賢者の類なら、ザハールさんが紹介してくれるかもしれませんね。
あたしも、学者を名乗ってた頃があるからね。多少はツテを辿れるよ。
問題は、年寄りの竜どもだな。素直に教えてくれるかどうか、わかったもんじゃねぇ。
まずは、正面からぶつかってみましょう。
勇ましく微笑んで、ミネバはそっと胸元を押さえた。
誇りと力を以って挑めば、きっと、応えてくれる竜もいる。
初代クロードが、その気高き心と力を示すことで、竜の力を授かったように……。


本能と力がすべてを支配する世界。強者が弱者を屈服させ、従える世界。

(本当にただそれだけであるのなら、竜人などという存在がいるはずもない──)

この身に流れる血と力。それは、祖先が竜に認められた証。

(それにふさわしい強さを持たねばならない。竜と人との間に結ばれた絆を、継ぐ者として)

クロードの名に恥じぬとは、きっと、そういうことなのだろう。


※話の最初に戻る
コメント(0)
Twitter

コメント

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる
メニュー  


▼index▼
種族別メニュー (64コメ)
カテゴリ別メニュー (64コメ)
イベント別メニュー (64コメ)


種族別メニュー

種族属性別
戦士 (145/185) / /
術士 (195/217) / /
神族 ( 38 / 61 ) / /
魔族 ( 48 / 68 ) / /
天使 ( 23 / 29 ) / /
亜人 ( 35 / 41 ) / /
龍族 ( 27 / 56 ) / /
妖精 ( 65 / 82 ) / /
物質 ( 13 / 21 ) / /
魔生 ( 4 / 8 ) / /
AbCd ( 10 / 10 ) / /

    • 画像無メニュー
戦士 / 術士 / 神族 / 魔族
天使 / 亜人 / 龍族 / 妖精
物質 / 魔法生物 / AbCd

カテゴリ別メニュー


イベント別メニュー

!New!

クロム・マグナ魔道学園 マジカル・グリコクエスト 天上岬 八百万神秘譚 双翼の物語 超魔道列伝
= 準備中 =
・ジェニファーの大冒険
・えれくとろ☆ぱにっく
・エターナル・クロノス
・神竜降臨
・黄昏の四神書
・古の森の千年桜
・イタズラ女神とうさぎのおはなし
・異空間野球 黒ウィズPRIDE
・異空間サッカー 蒼穹のストライカー
・天界の双子 訣別のクロニクル
・覇眼戦線
・幻魔特区スザク
・勇者しょこたんと導きの猫たち

Wikiあれこれ企画室

Wikiメンバー


左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
コノハ
アウラ
アイ
4 種族戦士
5 種族魔族_火
6 キーラ
7 カノン
8 ルシエラ
9 ぽんチンさん
10 アルドベリク
最近の更新

2017/05/01 (月) 20:52

2017/04/16 (日) 10:51

2017/03/23 (木) 17:45

2017/01/29 (日) 03:24

2016/12/27 (火) 18:18

2016/10/15 (土) 23:32

2016/08/09 (火) 00:11

2016/07/09 (土) 23:52

2016/07/09 (土) 09:13

2016/07/02 (土) 00:09

2016/07/01 (金) 14:49

2016/06/09 (木) 05:55

2016/06/04 (土) 15:23

2016/05/28 (土) 01:52

2016/05/26 (木) 14:21

2016/05/22 (日) 08:46

2016/05/02 (月) 22:49

2016/05/02 (月) 22:23

2016/04/27 (水) 23:00

新規作成

2016/04/12 (火) 22:53

2016/04/12 (火) 22:52

2016/04/12 (火) 22:51

2016/04/08 (金) 22:48

2016/04/08 (金) 22:47

2016/04/08 (金) 22:45

2016/04/06 (水) 21:23

2016/04/06 (水) 21:21

注目記事
リセマラ当たりランキング バクモン攻略wiki
リセマラ当たりランキング スタリラ(少女☆歌劇 レヴュースタァライト リライブ)攻略wiki
ガチャの黄金レシピまとめ フードファンタジー攻略wiki
リセマラ当たりランキング アトリエオンライン攻略Wiki
大型製造の概要と排出キャラ一覧 ドールズフロントライン(ドルフロ)攻略Wiki
ページ編集 トップへ
コメント 0